【東京リベンジャーズ】三途春千夜(さんずはるちよ)の薬の正体は?飲むとハイになる?

三途春千夜

この記事では東京リベンジャーズの三途春千代(さんずはるちよ)が飲んでいた薬についてご紹介していきます。

元々三途春千代はやばいキャラではなかったのですが、最終章に差し掛かると同時に隠れていたやばさが垣間見えるようになります。

中でも薬をキメてテンションが異常に高くなっているシーンは、みなさんの印象にも残っているのではないでしょうか。

ではまずは薬の正体について見ていきましょう!

この記事の概要
  • 三途春千夜(さんずはるちよ)が飲んでいた薬の正体
  • 三途春千夜(さんずはるちよ)はいつから薬を飲んでいるのか

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

【東京リベンジャーズ】三途春千夜(さんずはるちよ)梵天時代にキメている薬とは?飲むとハイテンションに!?

関東事変」後の未来(現在)では日本最大の犯罪組織・梵天が存在していました。

トップは佐野万次郎(マイキー)であり、昔のような優しそうな表情は一切ありません。

三途春千夜はその組織のナンバー2で、漫画22巻第196話では3人の拘束された男たちの後ろで怪しい薬をキメている三途春千代の様子が描かれています。

薬を飲んだ後の三途春千夜は「裏切り者に梵天の鉄槌を!!」と叫びながら反り腰になっています。

相当キマっていそうなシーンですよね。

しかし本当はこのような性格であり、ずっと隠し続けていただけなのかもしれません。

またその後佐野万次郎(マイキー)の「殺せ」という指示を聞いた三途春千夜は「うっす」と異様に軽い返事をした直後に3人を射殺しました。

三途春千代に薬服用後みられた変化は次のとおりです。

  • よくしゃべるようになった
  • 物事の判断能力がにぶった
  • 異様にテンションが高くなった

以上の症状をもつ違法性のある薬をしらべたところ、大麻がみつかりました。

大麻には

気分が快活、陽気になり、よくしゃべるようになるといわれていますが、その一方で思考が分裂し、感情が不安定になったりします。このため興奮状態に陥って、暴力や挑発的な行為を行ったりするようになります。

という症状についての説明があったので、ほぼ間違いないと思います。

【東京リベンジャーズ】三途春千夜(さんずはるちよ)が薬を始めたのはいつ?

そもそも三途春千夜はヤバそうな薬をいつから飲んでいたのでしょうか?

東京卍會にいた頃は異様な行動や言動が見られなかったため、薬には手を出していなかったと思われます。

三途春千代の行動や言動に異変が現れたのは「関東事変」の後からなので、きっとそれくらいの時期から薬に手を出し始めたと考えられます。

では「関東事変」以降、三途春千代はどのような行動をとっていたのでしょうか?

なんと「関東事変」以降、三途春千代は佐野万次郎(マイキー)率いる関東卍會に所属しています。

そのときの三途春千代は既に様子が依然と異なっており、メンバーにお金を作る天才・九井一(ココ)もいたため関東卍會発足時から薬に手を出した可能性が高いと考えます。

【東京リベンジャーズ】三途春千夜(さんずはるちよ)は東京卍會の頃から薬をやっていた?

結論から申し上げますと、三途春千代が東京卍會にいるときから薬に手を出していた可能性はほぼないです。

なぜなら薬を飲んだ後にみられたような異常な行動や言動がみられなかったからです。

しかし関東卍會に入った後の三途春千代は異常なテンションの高さと笑顔をみせています。

やはり三途春千代は関東卍會の一員になった後から薬に手を出したと考えられます。

また日本最大の犯罪組織・梵天のメンバーになった三途春千代は、ほぼ確定で薬に手を出していると思います。

「【東京リベンジャーズ】三途春千夜(さんずはるちよ)の薬の正体は?飲むとハイになる?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの三途春千代(さんずはるちよ)が飲んでいた薬についてご紹介しました。

きっとこの薬の正体について作中で明かされることはないと思いますが、気になるのでできれば明かしてほしいですよね。

もしかしたらただの風邪薬とかかもしれませんが…笑

三途春千代はいまだ多くの謎を残しているので、今後の話の展開が楽しみですね!

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの三途春千夜が飲んでいた薬の正体を見る

→東京リベンジャーズの三途春千夜の性別は実は・・?

→東京リベンジャーズの三途春千夜の本名や正体について見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました