【東京リベンジャーズ】寺野南(サウス)の強さ!身長は2メートル超え!

寺野サウス

この記事では東京リベンジャーズの六波羅単代・総代である寺野南(サウス)の強さや、六波羅単代についてご紹介していきます。

寺野南(サウス)は最終章に差し掛かるところではじめて登場したキャラで、筋骨隆々で一目見て強いとわかるキャラです。

では、寺野南(サウス)の風貌を登場シーンとともに見ていきましょう。

この記事の概要
  • 寺野南(サウス)の登場話
  • 寺野南(サウス)の強さ
  • 寺野南(サウス)が率いる六波羅単代の詳細

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

【東京リベンジャーズ】寺野サウスの身長がヤバい!初登場からインパクト絶大!

寺野南(サウス)の初登場は漫画24巻第207話でした。

このときは花垣武道の幼なじみである山岸一司が2008年の東京勢力図を紹介しているシーンでした。

その風貌は右側頭部から首、胸に至るまで大きな蛇のタトゥーが彫られており、これだけでもかなりやばいヤツということがわかります。

【東京リベンジャーズ】寺野サウスの強さは作中トップクラス!身長とガタイからパワーが桁外れ!

寺野南(サウス)の強さは、元初代黒龍の荒師慶三(ベンケイ)や今牛若狭(ワカ)が2人がかりで挑んでもかなわないほどです。

また東京を3分していた三天の1つである梵の首領・瓦城千咒も挑みますが、負けてしまっています。

寺野南(サウス)は六波羅単代の総代であり、六波羅単代の他のメンバーも実力者揃いです。

  • 主席・鶴蝶(かくちょう)
  • 第弐席・灰谷蘭(はいたにらん)
  • 第参席・灰谷竜胆(はいたにりんどう)
  • 第肆席・望月莞爾(もちづきかんじ)
  • 第伍席・班目獅音(まだらめしおん)

特に元天竺四天王筆頭の鶴蝶は黒川イザナお墨付きの強さをほこっていますが、そんな鶴蝶を寺野南(サウス)は簡単にボコボコにしていました

それだけ寺野南(サウス)の強さが桁違いということでしょう。

第211話で寺野南(サウス)の強さがわかるシーンが描かれていました。

なんとあの龍宮寺堅(ドラケン)でさえも全く歯が立ちませんでした。

寺野南(サウス)の身長は龍宮寺堅(ドラケン)が小さくみえるほど大きかったので、きっと2メートルは超えると思われます。

作中1のガタイをもち、数々の実力者を手下に加えていることから、寺野南(サウス)の強さは作中最強クラスと言えるでしょう。

【東京リベンジャーズ】寺野サウスの本名は?

寺野南(サウス)の本名は寺野南(てらのみなみ)であり、サウスの異名は「」は英語で「SOUTH(サウス)」というところからきていると考えられます。

また「てらのさうす」…「ティラノサウルス」という作者の言葉遊びである可能性もありますね。笑

確かに寺野南(サウス)の怒った顔は恐竜のようなおぞましい表情です。

【東京リベンジャーズ】寺野サウスが女という噂が流れる!笑

なんと一時期ネット上やSNSで「寺野サウスって女?」「サウスが女だった笑う」という声が見られていました。

ではなぜこのような噂が流れたのでしょうか?

それは下記のような要因が考えられます。

  • 寺野南(サウス)の本名は「南(みなみ)」という女らしい名前であったこと
  • 瓦城千咒が女子高生であったこと

特に第215話では男だと思われていた瓦城千咒が女用の制服を着て登場しており、かなりの反響がありましたよね。笑

この流れから「もしかしたら寺野南(サウス)も…?」という噂になったようです。

逆にあれだけガタイのいい女が現れたら、少しひきますけどね。笑

【東京リベンジャーズ】寺野サウスは六波羅単代の総代!

では次に寺野南(サウス)率いる六波羅単代についてご紹介していきます。

主要メンバーは、前述したとおり鶴蝶、灰谷蘭、灰谷竜胆、望月莞爾(モッチー)、斑目獅音の5人です。

このメンバーは元天竺組であり、少年院に収監されていた時に寺野南(サウス)に出会いボコボコにされた後、一緒に行動をしていくことを決めています。

そして出所したと同時に寺野南(サウス)は六波羅単代を立ち上げました。

それから波羅単代は港区を拠点とし、「東京で最大の勢力」と言われるくらい人数が多いチームに成長します。

【東京リベンジャーズ】寺野サウスは少年時代にブラジルのギャングスターだった!

第227話では寺野南(サウス)の過去が描かれています。

なんと寺野南(サウス)はブラジル・リオの貧民街で育ったことが明らかになりました。

この街のギャングスターであるディノに戦いや生きる術を教わった寺野南(サウス)は、12歳にしてその街を仕切るギャングのボスに成り上がります。

とても12歳とは思えない風貌ですね…。

しかし14歳の時に敵対するチームに自宅を襲撃され、寺野南(サウス)の母親は死亡し寺野南(サウス)自身も重傷を負ったことでギャングは廃業してしまいました。

その後寺野南(サウス)は日本に住んでいた祖父母の家に移住します。

そこから寺野南(サウス)の無双がはじまったのです。

桁違いの強さは生まれ育った環境が大きく関係していることがわかりましたね。

「【東京リベンジャーズ】寺野南(サウス)の強さ!身長は2メートル超え!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの六波羅単代・総代である寺野南(サウス)の強さや、六波羅単代についてご紹介しました。

寺野南(サウス)はその後「三天戦争」で佐野万次郎(マイキー)に撲殺されてしまいますが、その強さは本物でした。

寺野南(サウス)には羽宮一虎のように花垣武道の味方に加わってほしかっただけに残念です。

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの寺野サウスの死亡シーンや死因を見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました