【東京リベンジャーズ】天竺のメンバー!四天王やイザナの詳細!

東京リベンジャーズ

この記事では東京リベンジャーズの黒川イザナ率いる天竺のメンバーや、天竺四天王、黒川イザナの詳細についてご紹介していきます。

天竺は横浜を拠点としているチームで、黒川イザナが総長として君臨しています。

また他の主要メンバーも強力なメンバーばかりです。

まずは天竺のメンバーについてみていきましょう。

この記事の概要
  • 天竺(てんじく)のメンバー一覧
  • 天竺(てんじく)の四天王について
  • 天竺(てんじく)の総長・黒川イザナの詳細

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!

まずは天竺の主要メンバーを一覧表でご紹介します。

天竺のメンバーは佐野万次郎(マイキー)と同等の強さを誇る黒川イザナを筆頭に、「極悪の世代」と呼ばれるS62 世代(昭和62年世代)が多く所属しています。

一覧表から見て取れるように、このチームはやばいです!笑

名前 役職 出身チームなど

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

黒川イザナ
(くろかわいざな)

総長 黒龍の8代目総長
(S62世代)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

稀咲鉄太
(きさきてった)

総参謀 愛美愛主の参謀
東京卍會の参番隊隊長

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

鶴蝶
(かくちょう)

四天王筆頭

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

望月莞爾
(もちづきかんじ)

四天王 呪華武の総長
(S62世代)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

灰谷蘭
(はいたにらん)

四天王
(S62世代)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

灰谷竜胆
(はいたにりんどう)

幹部
(S62世代)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

斑目獅音
(まだらめしおん)

四天王 黒龍の9代目総長
(S62世代)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

武藤泰宏
(むとうやすひろ)

幹部 東京卍會の伍番隊隊長
(S62世代)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

半間修二
(はんましゅうじ)

幹部 愛美愛主の総長代理
芭琉覇羅の副総長
東京卍會の陸番隊隊長

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

九井一
(ここのいはじめ)

幹部 黒龍の親衛隊長
東京卍會の壱番隊

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの一覧表を紹介!隊長級の猛者が勢揃い!(C)和久井健/講談社

三途春千夜
(さんずはるちよ)

 

東京卍會の伍番隊副隊長

 

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーを詳しく紹介!四天王が強い!

次は先ほどご紹介したメンバーを1人1人詳しく見ていきましょう。

ここでは各メンバーの強さやプロフィール、天竺に入る前にいたチーム、未来(現在)の状況などに関してご紹介しています。

総長:黒川イザナ(くろかわいざな)

  • 誕生日:1987年8月30日(S62世代)
  • 身長 :165cm
  • 体重 :58kg
  • 所属 :天竺総長(元黒龍の8代目総長)

黒川イザナは佐野万次郎(マイキー)と並ぶほどの実力を持っています。

また身長や体格が大きいわけではないことも佐野万次郎(マイキー)にそっくりですね。

黒川イザナが幼い頃、ある日黒川イザナのもとに佐野真一郎が現れます。

佐野真一郎はとての黒川イザナに優しく、色々なことを教えてくれました。

次第に黒川イザナは佐野真一郎をとても慕うようになりますが、佐野万次郎(マイキー)という弟の存在を知ると嫉妬しはじめ、徐々に憎悪するようになります。

ちなみに黒川イザナは当初、佐野万次郎(マイキー)の異母兄弟佐野エマの実の兄と思われていましたが、実は全く血縁関係がないことを死亡する間際に明かしました。

黒川イザナが死亡したのは、天竺VS東京卍會の抗争である「関東事変」がきっかけです。

黒川イザナは孤児院にいたころから仲のいい鶴蝶を稀咲鉄太が銃殺しようとしていることを知り、
鶴蝶をかばって銃弾を受けたのです。

なかなか残虐非道な性格をしているかと思われていましたが、実はとても仲間思いだったことがわかしました。
→東京リベンジャーズの黒川イザナの死亡シーンや復活説について見る

総参謀:稀咲鉄太(きさきてった)

  • 誕生日:1992年1月20日
  • 身長 :164cm
  • 体重 :58kg
  • 所属 :天竺総参謀(元愛美愛主の参謀、元東京卍會の参番隊隊長)

稀咲鉄太は「聖夜決戦」で東京卍會をクビになった後、次は黒川イザナを利用することを企みました。

稀咲鉄太は物語中盤までの黒幕であり、未来(現在)で橘日向(ヒナ)を殺し続けていた張本人です。

稀咲鉄太の目的は「日本一の不良になること」ですが、実は日本一の不良になって初恋相手である橘日向(ヒナ)をふりむかせるためでした。

しかし日本一の不良になった稀咲鉄太は橘日向(ヒナ)に告白しますが、ふられてしまいます。

稀咲鉄太はその腹いせで橘日向(ヒナ)を殺していました。

また佐野万次郎(マイキー)を操るため、「関東事変」の抗争当日に佐野エマを殺しています。

自分の目的にためなら何人殺しても構わないという姿勢が見えますね。

そんな稀咲鉄太の最期はトラックにひかれて死亡するという、あっけないものでした。
→東京リベンジャーズの稀咲鉄太(きさきてった)の死亡シーンを見る

四天王筆頭:鶴蝶(カクチョー)

  • 誕生日:1991年
  • 身長 :約175cm?
  • 体重 :不明
  • 所属 :天竺四天王筆頭

鶴蝶は「喧嘩屋」という異名も持つほど喧嘩が強い人物です。

関東事変」では河田ソウヤ(アングリー)、松野千冬、乾青宗(イヌピー)をまとめて瞬殺する強さを見せており、天竺四天王の中でもずば抜けた強さをもっていました。

顔に傷がありますが理由は明らかになっておらず、両親を交通事故で亡くしていることから交通事故でつけたものだと思われます。

身長も明かされていませんが、黒川イザナとの比較で、10cmほど高く見えるので175cm程度としています。

また花垣武道の幼なじみですが、小学2年生の時の交通事故がきっかけで横浜に引っ越し、そこから花垣武道とは疎遠になってました。

鶴蝶は両親をなくしたことで、精神的に大きなダメージを負っていました。

ある日鶴蝶は自殺をこころみます。

しかしそこに黒川イザナが現れ、鶴蝶に「オレの下僕として生きろ」と生きる理由を与えたことで自殺を中断することが出来ました。

それから鶴蝶は黒川イザナに忠誠を誓います。

しかし黒川イザナが死亡し天竺が解散したあと、鶴蝶は未来(現在)で佐野万次郎(マイキー)についています。

さらに鶴蝶は佐野万次郎(マイキー)率いる梵天のナンバー3にまで上り詰めていました。
→東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)の強さや戦績を見る

四天王:望月莞爾(もちづきかんじ:モッチー)

  • 誕生日:1987年(S62世代)
  • 身長 :不明
  • 体重 :不明
  • 所属 :天竺四天王(元呪華武(ジュゲム)総長)

望月莞爾(モッチー)は出番が少ないからか、不明な点が多いです。

体格は作中描写から、周りよりもいいことがわかります。

望月莞爾(モッチー)は13歳の時に喧嘩を止めに入った警官を殴り「公務執行妨害」で少年院に送られました。

その少年院では黒川イザナが王として君臨しており、望月莞爾(モッチー)も他の人と同様にボコボコにされます。

そして望月莞爾(モッチー)と共に黒川イザナに服従したのが灰谷兄弟、武藤泰宏(ムーチョ)、斑目獅音S62世代(極悪の世代)と呼ばれている人たちです。

では望月莞爾(モッチー)の強さはといいますと、もともと川崎の「呪華武(ジュゲム)」というチームの総長で河田兄弟とタイマンをして勝利した過去を持っています。

しかし「関東事変」では青鬼と化した河田ソウヤ(アングリー)に一撃で沈められてしまいました。

関東事変」の後は逮捕されており2008年の世界では六波羅単代の第肆席、その12年後では梵天の幹部となっています。
→東京リベンジャーズの望月莞爾(モッチー)の強さや戦績を見る

四天王:灰谷蘭(はいたにらん)

  • 誕生日:1987年(S62世代)
  • 身長 :不明
  • 体重 :不明
  • 所属 :天竺四天王

灰谷蘭は「一声かければ100人集まる」と言われるほどの不良達のカリスマ・灰谷兄弟のです。

灰谷兄弟はとても顔立ちが似ていますが、灰谷蘭の方が優しそうな顔だちをしています。

中性的な顔立ちで、出番は少ないものの人気がある人物です。

灰谷兄弟が六本木をしきるようになったきっかけは、灰谷兄弟VS狂極の抗争である「六本木灰狂戦争」でした。

なんとそこで灰谷蘭は総長を一発KOし、さらに弟である灰谷竜胆が副総長の顔面を陥没させるほど殴ります。

結果灰谷兄弟の圧勝という形で終結しましたが、その後狂極の副総長が死亡したことにより2人は傷害致死罪で逮捕されました。

そして少年院に入ることになり、そこで黒川イザナや他のS62世代に出会ったのでした。

関東事変」のあと灰谷兄弟は逮捕され、2008年の世界では六波羅単代の幹部、12年後では梵天の幹部になっています。

これまでチームに属さなかった灰谷兄弟でしたが、天竺に入ったことがきっかけで何か心変わりしたのでしょうか?
→東京リベンジャーズの灰谷兄弟の詳細や過去を見る

灰谷竜胆(はいたにりんどう)

  • 誕生日:1987年(S62世代)
  • 身長 :不明
  • 体重 :不明
  • 所属 :天竺四天王

灰谷竜胆は「一声かければ100人集まる」と言われるほどの不良達のカリスマ・灰谷兄弟のです。

灰谷竜胆はたれ目につり眉が特徴的で、戦闘スタイルは柔軟な体を巧みに使って関節技を仕掛けるスタイルです。

灰谷兄弟VS狂極の抗争である「六本木灰狂戦争」で狂極の副総長を死亡させ、兄・灰谷蘭と共に少年院に入ります。

そこで黒川イザナをはじめとするS62世代と出会い、のちに天竺の一員となります。

関東事変」では河田ソウヤ(アングリー)の右腕と左足を折るなど優勢に喧嘩を進めてきましたが、青鬼化した河田ソウヤ(アングリー)に一発KOされてしまいました。

関東事変」のあと灰谷兄弟は逮捕され、2008年の世界では六波羅単代の幹部、12年後では梵天の幹部になっています。

ずっと兄・灰谷蘭と行動をしていることから、2人の仲は相当いいと思われます。

まだあまり活躍シーンがない灰谷兄弟ですが、最終章ではどんな活躍を見せてくれるのでしょうか?
→東京リベンジャーズの灰谷兄弟の詳細や過去を見る

四天王:斑目獅音(まだらめしおん)

  • 誕生日:1987年
  • 身長 :不明
  • 体重 :不明
  • 所属 :天竺四天王(元黒龍の9代目総長)

班目獅音は細身で側頭部は剃り上げたモヒカンの髪型、側頭部の大きなタトゥーが特徴です。

性格は残虐性が高く、天竺の中でも「狂犬」と呼ばれるほどです。

しかし作中では「かませ犬」としての出番が非常に多く、少しかわいそうになってくるキャラでもあります。

関東事変の魁戦(さきがけせん)として、天竺から登場してきたのが班目獅音です。

魁戦(さきがけせん)とは勝ったほうのチームの士気が上がることから、とても大事な開幕戦と言われています。

対する東京卍會からは林良平(ぺーやん)が登場しました。

班目獅音は「どーーーでもいい。東卍は全員オレ1人で殺る」と大口をたたきますが、まさかの1発KOします。

これには黒川イザナもきれており、「黒龍がつぶれたのはマイキーが強いんじゃなくて、テメェが弱かったからじゃねぇの?このままだと天竺まで舐められちまう」と言われていました。

仲間にまで見捨てられてしまうのは、少しかわいそうでしたね…

関東事変」のあとは逮捕され、2008年では六波羅単代の第伍席(一番下)、12年後では不明となっています。
→東京リベンジャーズの斑目獅音(まだらめしおん)の強さや戦績を見る

幹部:武藤泰宏(むとうやすひろ:ムーチョ)

  • 誕生日:1987年(S62世代)
  • 身長 :不明
  • 体重 :不明
  • 所属 :天竺幹部(元東京卍會の伍番隊隊長)

武藤泰宏(ムーチョ)は東京卍會で唯一内輪もめが許されている、伍番隊の隊長です。

内輪もめが許されていたのは伍番隊が東京卍會の風紀委員のような役割を果たしていたからです。

結果的に武藤泰宏(ムーチョ)は東京卍會を辞め天竺にいってしまいますが、元々佐野万次郎(マイキー)には「俺には絶対的な王がいる」と言っていました。

しかし佐野万次郎(マイキー)はその事実を受け入れ、武藤泰宏(ムーチョ)を東京卍會にむかえました。

なので裏切りというにはちょっと言いすぎな気もしますね。

武藤泰宏(ムーチョ)はごつい外見からわかる通り、喧嘩の腕もかなり強いです。

関東事変」では得意の柔道技で乾青宗(イヌピー)を一瞬で組み伏せています。

しかし青鬼化した河田ソウヤ(アングリー)には瞬殺されてしまいました。

関東事変」のあとは逮捕され、出所日にはこれまで行動を共にしてきた三途春千夜が来てくれました。

三途春千夜は武藤泰宏(ムーチョ)を「関東事変」が起こった第3埠頭へ連れていきます。

なんとそこで三途春千夜は武藤泰宏(ムーチョ)を日本刀で斬りつけました。

三途春千夜は「いつか将棋指したの覚えてるか?言ったろ?王が何よりも大切だってよぉーテメェがマイキーを裏切ったあの日、テメェはもう詰んでんだよ」と言い放ち武藤泰宏(ムーチョ)は「裏切りの報いか…」と感じて死亡します。

その後東京湾で白骨化した遺体が見つかったというニュースが流れていたことから、武藤泰宏(ムーチョ)の遺体は東京湾に沈められたと考えられます。
→東京リベンジャーズのムーチョの強さについて見る

幹部:半間修二(はんましゅうじ)

  • 誕生日:1989年10月27日
  • 身長 :192cm
  • 体重 :79kg
  • 所属 :天竺幹部
    (元愛美愛主の総長代理、元芭流覇羅の副総長、元東京卍會の陸番隊隊長)

半間修二は「8.3抗争」で初登場します。

そのときは愛美愛主(メビウス)の総長代理でした。

佐野万次郎(マイキー)を受け止めていることから、喧嘩の腕もかなり強いと思われます。

その後は芭流覇羅(バルハラ)の副総長を務め、「血のハロウィン」で東京卍會が勝利してからは稀咲鉄太の策略により陸番隊の隊長に就いています。

半間修二は稀咲鉄太が「関東事変」のあとに死亡するまで、ずっと行動を共にしていました。

ちなみになぜ行動を共にしていたのかというと、稀咲鉄太の人間性が気に入っていたからです。

聖夜決戦」の後に稀咲鉄太が東京卍會をクビになったときは、半間修二も東京卍會を抜け、稀咲鉄太と共に天竺に所属することになります。

そして「関東事変」のあとに稀咲鉄太がトラックにはねられて死亡したときは、作中で初めて号泣していました。

ちなみにその後半間修二は警察から逃亡しており、指名手配犯として現在も逃亡中です。
→東京リベンジャーズの半間修二の黒幕説の真相を見る

幹部:九井一(ここのいはじめ:ココ)

  • 誕生日:1989年4月1日
  • 身長 :174cm
  • 体重 :64kg
  • 所属 :天竺幹部(元黒龍の親衛隊長、元東京卍會の壱番隊隊員)

九井一(ココ)は柴大寿率いる黒龍の親衛隊長として初登場します。

聖夜決戦」のあとは花垣武道が隊長を務める東京卍會の壱番隊に所属しますが、武藤泰宏(ムーチョ)の脅迫により天竺に所属することになりました。

なぜ九井一(ココ)がこれほどのチームから引っ張りだこなのかというと、「金を生み出す天才」という異名をもつほど資金調達に優れているからです。

関東事変」のあと、九井一(ココ)は他の隊員のように逮捕はされず、2008年の世界では関東卍會の一員となり、12年後では梵天の幹部の一人となっています。
→東京リベンジャーズのココの未来について見る

三途春千夜(さんずはるちよ)

  • 誕生日:不明
  • 身長 :不明
  • 体重 :不明
  • 所属 :天竺隊員(元東京卍會の伍番隊副隊長)

三途春千夜は初登場時はあまり目立たないキャラでしたが、最終章において超重要人物になっています。

実は三途春千夜は源氏名であり本名は明司春千夜といい、明司武臣と瓦城千咒の兄弟です。

また佐野万次郎(マイキー)と幼なじみであり、口元の傷は幼い頃に佐野万次郎(マイキー)がつけたものであることがわかっています。

三途春千夜は東京卍會伍番隊副隊長であり、隊長である武藤泰宏(ムーチョ)のことを慕っていました。

作中の途中までしていたマスクは、武藤泰宏(ムーチョ)が三途春千夜にプレゼントしたものです。

しかし武藤泰宏(ムーチョ)は東京卍會をやめ、黒川イザナが率いる天竺に移ることを決意します。

それを聞いた三途春千夜は武藤泰宏(ムーチョ)についていきますが、心の中では佐野万次郎(マイキー)を裏切った武藤泰宏(ムーチョ)を殺すこととずっと考えていました。

そして「関東事変」のあと三途春千夜は出所した武藤泰宏(ムーチョ)を出迎え、「関東事変」が起こった場所である第3埠頭に連れていき日本刀で武藤泰宏(ムーチョ)を斬殺します。

関東事変」のあと三途春千夜は他の隊員のように逮捕はされず、2008年の世界では関東卍會の一員となり、12年後では梵天のナンバー2となっています。
→東京リベンジャーズの三途春千夜の本名や正体を見る

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!

天竺は「関東事変」によって解散しています。

では天竺の各メンバーは、その後どのようになったのでしょうか?

こちらも一覧表でご紹介していきます。

名前 天竺解散後

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

黒川イザナ
(くろかわいざな)

死亡

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

稀咲鉄太
(きさきてった)

死亡

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

鶴蝶
(かくちょう)

六波羅単代の首席(2008年)
梵天のナンバー3(2018年)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

望月莞爾
(もちづきかんじ)

六波羅単代の第肆席(2008年)
梵天の幹部(2018年)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

灰谷蘭
(はいたにらん)

六波羅単代の第弐席(2008年)
梵天の幹部(2018年)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

灰谷竜胆
(はいたにりんどう)

六波羅単代の第参席(2008年)
梵天の幹部(2018年)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

斑目獅音
(まだらめしおん)

六波羅単代の第伍席(2008年)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

武藤泰宏
(むとうやすひろ)

死亡

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

半間修二
(はんましゅうじ)

警察から逃亡中

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

九井一
(ここのいはじめ)

関東卍會のメンバー(2008年)
梵天の幹部(2018年)

【東京リベンジャーズ】天竺のメンバーの未来!死亡か梵天メンバーに!(C)和久井健/講談社

三途春千夜
(さんずはるちよ)

 

関東卍會のメンバー(2008年)
梵天のナンバー2(2018年)

「【東京リベンジャーズ】天竺のメンバー!四天王やイザナの詳細!」まとめ

今回は東京リベンジャーズの黒川イザナ率いる天竺のメンバーや、天竺四天王、黒川イザナの詳細についてご紹介しました。

東京リベンジャーズのキャラはみんな個性豊かで、1人1人ストーリーを持っていることが特徴的ですよね。

敵キャラでも何故か憎めないキャラも多いです。

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの全チーム一覧を見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました