【東京リベンジャーズ】松野千冬が死ぬシーンを紹介!死亡理由は?

東京リベンジャーズ

この記事では東京リベンジャーズ主人公・花垣武道の相棒である松野千冬の死亡シーンや、死亡理由をご紹介していきます!

松野千冬は東京卍會壱番隊副隊長であり、元隊長である場地圭介が死亡したあとに後継者として花垣武道を推薦した人物です。

そして花垣武道は松野千冬に信頼をおいており、タイムリープ能力のことも自ら明かしています。

しかし松野千冬は何度も未来(現在)で殺されてしまっています。

まずは松野千冬がいつ死亡したのか見ていきましょう!

この記事の概要
  • 現在(未来)の松野千冬の生死
  • 松野千冬が死ぬシーン一覧
  • 松野千冬が死亡しない未来(現在)

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

【東京リベンジャーズ】松野千冬が作中で死ぬ!生存&死亡について一覧表で紹介!

今回は松野千冬の各タイムリープ先での生存&死亡状況を、一覧表でまとめてみました!

未来(現在)に松野千冬が初登場したのは6回目のタイムリープ先でのことなので、それ以降の情報を記載しています。

また8回目のタイムリープの先は、花垣武道が情報収集のために戻ってきただけなので7回目のタイムリープ先での状況と一致しています。

こう見ると半分以上死亡してしまっていることがわかりますね…

タイムリープの回 12年前の抗争 未来(現在)の日時 松野千冬の
生存/死亡
6回目 血のハロウィン 2017年11月18日~
11月19日
死亡
7回目 聖夜決戦 2018年1月10日~
1月20日
死亡
8回目 関東事変(直前) 2018年1月 死亡
9回目 関東事変 2018年3月17日~ 生存
10回目
(最終章)
不明

【東京リベンジャーズ】作中の松野千冬の死ぬ場面!死亡理由も解説!

先ほどは松野千冬の各タイムリープ先での生存&死亡状況をご紹介しましたが、今回は詳しく松野千冬の死亡シーンを見ていきましょう。

東京リベンジャーズは「悲惨な未来を変えるために過去を変える」というのが話の軸なので、基本的に未来(現在)では松野千冬を含めた東京卍會メンバーは悲惨な結末を迎えます。

「血のハロウィン」後の未来で射殺される

花垣武道は芭流覇羅(バルハラ)との抗争である「血のハロウィン」が終わり、場地圭介の変わりに東京卍會壱番隊隊長になったあと未来(現在)に帰ってきました。

するとタイムリープ先では花垣武道が東京卍會の大幹部になっており、松野千冬は花垣武道の付き人になっていました。

このときの松野千冬は黒髪になっています。

そして東京卍會の実質的なトップは相変わらず稀咲鉄太(きさきてった)で、稀咲鉄太は花垣武道と松野千冬を呼び出し酒を酌み交わしました。

しかし稀咲鉄太はグラスには睡眠薬が盛っており、まんまと引っかかった2人は起きると拘束されていました。

漫画9巻第73話で東京卍會の裏切り者を探っていた稀咲鉄太は松野千冬が裏切り者だと分かると、射殺します。

これは衝撃的なシーンでしたよね…。

実は松野千冬は1人でずっと稀咲鉄太と戦っており、稀咲鉄太が追い込まれている状況でした。

「聖夜決戦」後の未来で射殺される

東京卍會と柴大寿率いる黒龍の抗争である「聖夜決戦」の後、稀咲鉄太は東京卍會をクビにされます。

これまでずっと暗躍していた稀咲鉄太がクビになったので、今度こそいい未来(現在)になっているかと思いきや、最悪な未来(現在)が待ち受けていました。

なんと未来(現在)では、闇落ちした佐野万次郎(マイキー)が東京卍會のメンバーを1人残さず殺していました。

もちろんその中には松野千冬も含まれています。

【東京リベンジャーズ】作中の松野千冬の死ぬ場面!死亡理由も解説!(C)和久井健/講談社

漫画14巻第118話でその様子が描かれており、松野千冬は最期にこう言い残しています。

  • 花垣武道がいつか尋ねてくる
  • 花垣武道は時を越えたように昔のまんま
  • アイツの目をしっかり見て信じてあげてほしい

そして直後に佐野万次郎(マイキー)は松野千冬を射殺しました。

死ぬ直前まで笑顔でいられる松野千冬の度胸とメンタルは、花垣武道を思わせますね。

そしてやはり松野千冬は花垣武道のいい理解者なんだと感じた瞬間でもありました。

【東京リベンジャーズ】松野千冬が死ぬ未来を回避できる?

ここまで松野千冬の未来(現在)での死亡理由・死亡シーンを見てきました。

しかし天竺との抗争である「関東事変」を終え、稀咲鉄太が車でひかれ死亡したあと花垣武道が未来(現在)に戻ると、その世界はこうなっていました。

  • 東京卍會が存在しない
  • 東京卍會メンバーが生存している
  • 橘日向(ヒナ)も橘直人(ナオト)も生存している

ついにバッドエンドから抜け出し、もちろん松野千冬も死亡せずに生存する世界を手に入れました。

ちなみにこの世界の松野千冬は羽宮一虎とペットショップを経営しています。

【東京リベンジャーズ】2008年に松野千冬は死ぬ?最終章の展開!

第207話から最終章に突入しており舞台は「関東事変」から2年経った2008年になっています。

そこで松野千冬は花垣武道の新チームの一員となりました!

ただその新チームの名前を「サウザンド(=)ウィンターズ(=」と名付けダサい特攻服(?)を配布しています…

【東京リベンジャーズ】2008年に松野千冬は死ぬ?最終章の展開!(C)和久井健/講談社

これには花垣武道も柴八戒もドン引きしており、乾青宗(イヌピー)は唾を吐きかけていました。笑

【東京リベンジャーズ】2008年に松野千冬は死ぬ?最終章の展開!(C)和久井健/講談社

今後佐野万次郎(マイキー)率いる関東卍會とぶつかることになると思われますが、もう松野千冬には死亡してほしくないですね…。

「【東京リベンジャーズ】松野千冬が死ぬシーンを紹介!死亡理由は?」まとめ

今回は東京リベンジャーズの主人公・花垣武道の相棒である松野千冬の死亡シーンや、死亡理由をご紹介しました。

最終章でも花垣武道の味方になってくれた松野千冬ですが、もう死亡してほしくないですよね。

花垣武道の良き相棒として、大活躍することを願っています!

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの松野千冬の髪型や美容院でのオーダー方法を見る

→東京リベンジャーズの松野千冬のかっこいいシーン一覧を見る

→東京リベンジャーズの松野千冬の実写映画版のキャストについて見る

→東京リベンジャーズの死亡キャラ一覧を見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました