東京リベンジャーズの卍がない?理由は?実写映画のタイトルの謎と伏線!

東京リベンジャーズ

この記事では東京リベンジャーズの実写映画のタイトルに卍がない理由や、タイトルの謎、伏線についてご紹介していきます。

東京リベンジャーズの映画は、2021年の7月に放映されていました。

なんと観客動員数328万人、興行収入は43.8億円を突破し、あの「るろうに剣心 最終章 The Final」を上回り2021年度実写映画作品興行収入No.1を記録しています!

まずは実写映画のタイトルには卍が本当になかったのかみていきましょう。
この記事の概要
  • 東京リベンジャーズの映画のタイトルの画像
  • 東京リベンジャーズの映画タイトルに卍がない理由

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズの実写映画!タイトルに「卍」が無い!?

上の画像でわかるとおり、実写映画のタイトルには卍はありませんでした。

しかし原作のコミックの表紙にはちゃんと卍が存在しています。

若干分かりにくいですが、花垣武道のお腹のあたりに白文字で卍が入っています。

ではなぜ実写映画のタイトルには卍がないのでしょうか?

次から詳しくご紹介していきます。

東京リベンジャーズの実写映画に「卍」が無い理由を解説!そもそも読まない?

ここからは実写映画・東京リベンジャーズのタイトルには卍がない理由について考察していきます。

ネット上でも様々な憶測がたてられており、やはりみなさんも気づいて話題になってるようですね!

数ある考察の中から信ぴょう性のある4つをご紹介していきます。

タイトルに「卍」を入れるのを失念?

まず1つ目はただのつけ忘れ

確かに原作コミックの卍は非常に見えにくく、見落としそうですよね。

しかし映画にはたくさんの制作者がかかわっていることから、この説の可能性は非常に低いと考えられます。

せっかく実写したのに、タイトルの一部を見落としていました、なんてシャレにならないです。

実写映画版に「東京卍會」は登場する?

2つ目は東京卍會の卍であると仮定して、映画に東京卍會がでてこないという説…

卍のマークはもともと万次郎で、東京万次郎會→「ダサい!」→東京になっています。

それから卍のマークは旗や特攻服にも起用されており、東京卍會において大事なマークだと言えます。

しかしこの説は結論、×です。

なぜなら映画の中で東京卍會はバリバリ出てきていたからです!

まあ確かに東京卍會が出てこなかったら、何が出てくるんだってなりますよね。笑

「卍」を入れると言いづらい?

3つ目は、卍を入れると読みづらいという説…

もし卍がある場合、「東京リベンジャーズ」をそのまま読むと「とうきょうまんじりべんじゃーず」となり、すごくいいにくいですよね。

実はこの説はほぼ正解で、次に紹介する4つ目の説が真相でした。

タイトルの「卍」は読まない?ただの記号?

4つ目の説は、卍はそもそも読まないものだということ…

表記は東京卍リベンジャーズですが、卍は読まないことが公式ツイッターのプロフィール欄に書かれていました!

https://twitter.com/toman_official?s=20&t=bbLBQ_wPIgLPpGERlkNtWw
ちなみに海外での放映も視野に入れ、卍はナチスのシンボルマークである卐を連想させる可能性があることから消したともいわれています。
まとめると、卍がない真の理由は、ナチスの卐を連想させるかもしれない→卍はそもそも読まないから外していいという流れから消されたということでした。

「東京リベンジャーズの卍がない?理由は?実写映画のタイトルの謎と伏線!」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの実写映画のタイトルに卍がない理由や、タイトルの謎、伏線についてご紹介しました。

見落としで卍がなかったわけではなかったので良かったです!

またこのことに気づいたファンの方が意外に多かったことにも驚きました。

やはりファンはよく見ているということですね。

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました