東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)が死亡する?最後まで生き残る?!

東京リベンジャーズ

この記事では東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)が死亡説や、現在の生存状況についてご紹介していきます。

鶴蝶は花垣武道の幼なじみのキャラであり、喧嘩屋の異名をもつほどの実力者です。

そんな鶴蝶ですが死亡説がネット上で浮上しています…

まずは現在の鶴蝶の生存状況について確認していきましょう!

この記事の概要
  • 鶴蝶(かくちょう)の生存状況
  • 鶴蝶(かくちょう)が死亡しかけるまでの経緯
  • 未来(現在)の鶴蝶(かくちょう)の状況

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)の生存/死亡状況!

現在本編は「三天戦争」がおわり二代目東京卍會VS関東卍會の戦いがはじまっています。

そして鶴蝶はというと…

ちゃんと生存していました!

しかし後で詳しく説明しますが、鶴蝶は以前に命にかかわる重傷を負って入院しています。

ではどのような経緯でそんな重傷を負ってしまったのか、詳しく説明しましょう。

東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)が関東事変で死亡?

鶴蝶が命にかかわる重傷を負ったのは、「関東事変」でのことでした。

関東事変」とは東京卍會VS天竺の抗争のことであり、鶴蝶は天竺四天王筆頭として参加しています。

しかし「関東事変」の結果、負傷者多数死亡者3名逮捕者5名をだし、鶴蝶も重症を負いました。

それでは「関東事変」詳細と共に鶴蝶が命にかかわる重傷を負うまでの経緯について見ていきましょう。

東京卍會と天竺の抗争「関東事変」

漫画18巻第153話から「関東事変」ははじまります。

しかし戦況としては天竺が400人東京卍會は50人と東京卍會が圧倒的に不利な状況でした。

さらには東京卍會は佐野エマの死や天竺の奇襲によって

  • 佐野万次郎(マイキー)
  • 龍宮寺堅(ドラケン)
  • 三ツ谷隆
  • 河田ナホヤ(スマイリー)

という実力者が不在であり、ほぼ絶望的な状態だったのです…

鶴蝶(かくちょう)が死亡寸前になった経緯:鶴蝶とタケミチの一騎討ち

関東事変」ははじめはやはり天竺圧倒的優位に進めていました。

しかし途中で河田ソウヤ(アングリー)が覚醒し

  • 灰谷兄弟
  • 望月莞爾(モッチー)
  • 武藤泰宏(ムーチョ)

を次々と倒していきます。

そして次の相手である鶴蝶を倒せば天竺四天王は全滅!

…でしたがそううまくはいかず、鶴蝶に河田ソウヤ(アングリー)はKO負けしてしまいました。

そのまま鶴蝶の勢いは止まらず、乾青宗(イヌピー)、松野千冬…と次々と瞬殺していきます。

そしてついに鶴蝶 vs 花垣武道の一騎討ちとなりました。

ちなみにこの後、花垣武道が鶴蝶と黒川イザナ相手に粘りきったことで時間を稼ぐことができ、佐野万次郎(マイキー)の到着が間に合いました。

鶴蝶が黒川イザナを止める

関東事変」の最終決戦は佐野万次郎(マイキー)VS黒川イザナの戦いでした。

お互い一歩も譲らない戦いでしたが、徐々に黒川イザナは劣勢になっていき、とうとう佐野万次郎(マイキー)の勝利に終わります。

しかしどうしても負けを認められない黒川イザナは、なんと佐野万次郎(マイキー)を射殺しようとしました。

そんな黒川イザナを鶴蝶は銃を払うことによって止めたのです。

これまで鶴蝶は黒川イザナに忠誠を誓っていたため、鶴蝶が初めて逆らった行動をしたことに、まわりも驚いていました。

鶴蝶が稀咲鉄太に撃たれて重体に

止めに入った鶴蝶でしたが、それを良く思っていない人物がいました。

それが稀咲鉄太です。

稀咲鉄太はなんと鶴蝶を撃ちました。

そしてもう一発…というところで、黒川イザナが鶴蝶の代わりに弾丸を受けます!

鶴蝶が黒川イザナと一緒に死亡?

当たり所がすごく悪かったため、黒川イザナはこのことが理由で死亡してしまいました。

そして鶴蝶も黒川イザナの手を握りながら意識を失いました…

最後は灰谷蘭が黒川イザナと鶴蝶の目を閉じてやり、この描写から鶴蝶も死亡したと思わせるシーンでしたね。

鶴蝶は一命を取り留める

関東事変」が終わり、鶴蝶だけは病院に運ばれて治療した結果、復活することに成功しました。

鶴蝶は出血がひどかったものの、黒川イザナとは違って心臓を撃たれなかったことが大きかったようです…

つまり「関東事変」による死亡者は佐野エマ、黒川イザナ、稀咲鉄太の3人でした。

正直3人は主要キャラだったのでここで死亡するとは思いもしませんでした…

東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)の未来での生存/死亡状況!

関東事変」のあとの未来(現在)では、鶴蝶は梵天のナンバー3をつとめています。

梵天は日本最大の犯罪組織であるため、やはり鶴蝶は悪の道を進んでしまったようですね…

なんとか次のタイムリープで鶴蝶の未来も変えてほしいところですね。

東京リベンジャーズの最終章で鶴蝶(かくちょう)は死亡する?

本編は漫画24巻第207話より最終章に入り、「佐野万次郎(マイキー)の闇落ちを防ぐ」ことが最終目的になっています。

また時代は2008年という新舞台で、鶴蝶は六波羅単代していました。

しかし六波羅単代は関東卍會に吸収されたので、現在は関東卍會に入っています。

本編最後の抗争で、鶴蝶が死亡することがないといいですね…

「東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)が死亡する?最後まで生き残る?!」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)が死亡説や、現在の生存状況についてご紹介しました。

鶴蝶は命にかかわる一大事もなんとか乗り越えたものの、結局花垣武道の敵側にずっといます。

最終章で改心して、まっとうな人生を歩む形に落ち着くといいですね。

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの鶴蝶(かくちょう)の強さについて見る

→東京リベンジャーズの死亡キャラ一覧を見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました