東京リベンジャーズの佐野家の家系図を解説!マイキーやエマ、イザナとの関係は?

東京リベンジャーズ

この記事では東京リベンジャーズの佐野家の家系図についてや、佐野万次郎(マイキー)、佐野エマ、黒川イザナの関係についてご紹介していきます。

佐野万次郎(マイキー)と佐野エマが異母兄妹であったり、少し複雑な佐野家。

その人物関係をここでわかりやすくご紹介しているので、早速みていきましょう。

この記事の概要
  • 佐野家の家系図
  • 佐野家と暴走族チームの関係
  • 佐野家以外の家系の状況

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズの佐野家の家系図が複雑!父親や母親が違う!

こちらが佐野真一郎、佐野万次郎(マイキー)、佐野エマ、黒川イザナに関わる家系図の概略です。

つまり…

  • 佐野桜子佐野真の子供が佐野真一郎佐野万次郎(マイキー)
  • 黒川カレン佐野真の子供が佐野エマ
  • フィリピン人女性黒川カレンの元夫の子供が黒川イザナ

なんです!

簡単に言ってしまえば…佐野真一郎と佐野万次郎(マイキー)は実の兄弟で、佐野エマは佐野真一郎と佐野万次郎とは異母兄妹、黒川イザナは誰とも血縁関係がない、ということです!

黒川イザナも血縁関係があると思われていましたが…

それにしても佐野真は少し遊びすぎですね…笑

東京リベンジャーズの佐野家の家系図&家族はみんな総長!?暴走族一家!

では佐野家は暴走族一家なのでしょうか?

実は佐野エマ以外は全員暴走族の総長を務めるほどの実力者なんです!

まずは佐野真一郎から詳しく見ていきましょう。

佐野真一郎は初代黒龍(ブラックドラゴン)の総長

佐野真一郎は黒龍(ブラックドラゴン)の初代総長でした。

初代黒龍のメンバーは他に、今牛若狭(ワカ)、荒師慶三(ベンケイ)、明司武臣という強者ぞろいでした。

その中でも今牛若狭(ワカ)、荒師慶三(ベンケイ)は当時の関東を二分するチームの各総長であり、それをまとめたのが無名だった佐野真一郎なんです!

佐野真一郎は決して喧嘩が強いわけではありませんでしたが、圧倒的なカリスマ性をもっていました。

  • 絶対に勝てない相手にも平気で喧嘩を挑む
  • 喧嘩や女に弱いけどいざという時は頼りになる

こういった特徴が花垣武道によく似ており、乾青宗(イヌピー)、佐野万次郎(マイキー)、龍宮寺堅(ドラケン)は花垣武道の言動を見て佐野真一郎を思い出しています。

このことは後々に大きな伏線になってきそうですよね…

佐野万次郎(マイキー)は初代・東京卍會の総長

佐野万次郎(マイキー)は初代東京卍會の総長であり、無敵のマイキーという異名を持っています。

(未来では梵天関東卍會の総長になっています。)

ちなみに東京卍會の創設メンバーがこちらです。

  • 佐野万次郎(マイキー)
  • 龍宮寺堅(ドラケン)
  • 場地圭介
  • 三ツ谷隆
  • 林田春樹(パーちん)
  • 羽宮一虎

羽宮一虎が黒龍(ブラックドラゴン)からちょっかいを出されたことをきっかけに東京卍會は創設されました。

この時の黒龍は9代目総長・斑目獅音(まだらめしおん)が率いており、佐野真一郎の時代のような誰もが憧れる黒龍ではなく、ただの犯罪集団まがいのチームとなっていました。

そしてそんな黒龍を東京卍會が潰してしまいました。笑

黒川イザナは黒龍(ブラックドラゴン)の8代目総長&天竺の総長

黒川イザナは元8代目黒龍の総長であり、天竺の総長でもあります。

黒川イザナは幼少期に黒川カレンに捨てられて孤児院に入っており、それから暫くしてから佐野真一郎と知り合いました。

身寄りがいなかった黒川イザナは異母兄弟(と当時思っていた)の佐野真一郎を心底慕っていました。

しかし自分と佐野真一郎に血縁関係がないことがわかると絶望し、極めつけに佐野真一郎が死亡したことで完全に闇落ちしてしまいます。

そしてそんな黒川イザナに目をつけたのが稀咲鉄太であり、黒川イザナに天竺をつくるよう促したのでした…

東京リベンジャーズの佐野家の父親と母親は現在何をしている?

ここまで佐野家関係の家系図や兄弟妹達について解説してきました。

では作中にもあまり登場していない佐野家の親たちは、現在何をしているのでしょうか…

現在わかっている情報をまとめてみました。

  • 佐野桜子    :病死
  • 佐野真     :事故死
  • 黒川カレン   :他の男のところへ?
  • 黒川カレンの元夫:チンピラに刺されて死亡
  • フィリピン人女性:消息不明

赤文字で記されているのが、まだ生存している可能性のある人物です。

こう見るとほとんどが亡くなっていることがわかりますね…

そして唯一作中で描かれているのが佐野エマの母親である黒川カレンで、漫画20巻の第177話に登場しています。

この時黒川カレンはパチンコ屋の列に並んでおり、偶然当時の黒川イザナが見かけて話しかけ、ここで黒川イザナは自身が誰とも血縁関係が無いという事実を知りました。

その後黒川カレンがどうなったのかは不明です…。

もし黒川カレンが佐野エマや黒川イザナの死を知ったら、一体どんな反応をするのでしょうね…

「東京リベンジャーズの佐野家の家系図を解説!マイキーやエマ、イザナとの関係は?」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの佐野家の家系図についてや、佐野万次郎(マイキー)、佐野エマ、黒川イザナの関係についてご紹介しました。

佐野家の家系図はなかなかややこしいですが、理解していただけましたか?

黒川イザナには血縁関係がなかったことには、本当に驚きました…

残された佐野家のメンバーが佐野万次郎(マイキー)だけという点も、佐野万次郎(マイキー)の闇落ちを加速させているような気がしますね。

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました