東京リベンジャーズの佐野真一郎の死亡シーン!死んだ日はいつ?

佐野真一郎

この記事では東京リベンジャーズの佐野真一郎が死亡したシーンや、死亡した日についてご紹介していきます。

佐野真一郎は佐野万次郎(マイキー)の兄であり、外見も佐野万次郎(マイキー)にそっくりです!

しかし佐野真一郎は不慮の事故により死亡してしまっています…

ではまずは、佐野真一郎の死因について詳しくみていきましょう。

この記事の概要
  • 佐野真一郎の死亡シーン
  • 佐野真一郎が死亡した理由と経緯
  • 佐野真一郎が死亡した時の年齢
  • 佐野真一郎の死亡と佐野万次郎(マイキー)の闇堕ちの関係

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズの佐野真一郎が死亡!なぜ死亡した?

佐野真一郎は東京リベンジャーズの物語において既に死亡しているキャラクターです。

では佐野真一郎はなぜ死亡してしまったのでしょうか?

それはなんと…、当時の羽宮一虎(はねみやかずとら)がワイヤーカッターで頭を殴打したからでした。

羽宮一虎は佐野真一郎になにか恨みでもあったのでしょうか?!

一体何故こんなことになってしまったのか、佐野真一郎が死亡するまでの経緯について詳しく見ていきましょう。

東京リベンジャーズの佐野真一郎の死亡シーンと死亡理由を解説!

佐野真一郎の死亡理由は羽宮一虎による殴打でしたが、なぜ羽宮一虎は佐野真一郎を殴ってしまったのかについて詳しく説明していきます。

背景としては、「あの時期はまだ佐野万次郎(マイキー)がバイクを持っていなかった」ことでした。

かつてマイキーは愛機(バイク)を持っていなかった

漫画6巻第43話では場地圭介の回想シーンが描かれていました。

その頃の佐野万次郎(マイキー)達は横浜にツーリングに行きますが、佐野万次郎(マイキー)だけ原付で走っていたため、周りがそのスピードに合わせなければいけませんでした。

佐野万次郎(マイキー)がバイクを持ってなかった理由としては「バブ(CB250Tホーク)にしか乗りたくない」というこだわりが原因でした。

ちなみに原付もバブにちなんで「ホーク丸」と名付けています。

そんな様子を見ていた羽宮一虎は「マイキーの誕生日にバブをプレゼントしよう」と場地圭介に提案しました。

羽宮一虎が場地圭介と一緒にバイク屋に侵入

しかし当然羽宮一虎にも場地圭介にもバイクを買うお金なんかありません。

そこで羽宮一虎は「S・S MORTORS」というバイク屋でバイクを盗むことを企みます。

なかなかやばいことですが、羽宮一虎は完璧な作戦を練りあげていました。

  • 裏口の窓を割って侵入
  • 警報が鳴って警備会社が駆けつけるまでの10分が勝負
  • バブのチェーンロックをワイヤーカッターで切る
  • 鍵が差しっぱなしなのは確認済み
  • シャッターを開けてバブに乗って逃げる

場地圭介は羽宮一虎をなんとか止めようとしますが、結局一緒にバイク屋に乗り込んでしまいます…。

実は羽宮一虎と場地圭介が忍び込んだバイク屋は佐野真一郎の店!

手際よく作戦通りに事を進めた2人は、あとはバブのチェーンを切り逃げるだけのところまできていました。

しかしそこに「S・S MORTORS」の店長がデカいレンチを持って現れます。

そして…その店長こそが佐野万次郎(マイキー)の兄・佐野真一郎でした。

佐野真一郎と場地圭介は顔見知りだったので、佐野真一郎は「ケースケか?」と声をかけています。

しかし店長が佐野真一郎であることに気づいていなかった羽宮一虎が、佐野真一郎の背後から助走をつけて走り寄ってきました…

羽宮一虎が佐野真一郎を後ろから工具でぶん殴る!

その瞬間、羽宮一虎は持っていたワイヤーカッターで思い切り佐野真一郎の頭を殴りつけました。

羽宮一虎は殴った後に自分が殴った相手は佐野万次郎(マイキー)の兄・佐野真一郎ということに気づきました。

しかしもう手遅れで、佐野真一郎の頭からは大量に出血し、既に息をしていませんでした。

この後警察が駆け付け、その場に事情がわかっていない佐野万次郎(マイキー)の姿もありました…。

実は佐野真一郎がマイキーにバイクをプレゼントする予定だった!

ちなみに羽宮一虎と場地圭介が盗もうとしていたバブは佐野真一郎が乗っていたもので、佐野真一郎が佐野万次郎(マイキー)にプレゼントしようとしていたものでした。

つまり2人が盗むまでもなく、あのバブは佐野万次郎(マイキー)の誕生日に贈られるものだったんです。

見つかった時、ちゃんと事情を説明していれば…

バイクを盗むのは犯罪なので、別のプレゼントを考えていれば…

こんなことにはならなかったのかもしれないですね。

東京リベンジャーズの佐野真一郎が死亡!年齢と死んだ日はいつ?

では佐野真一郎は何歳で、いつ死んだのでしょうか?

結論から言うと…佐野真一郎が死亡した時の年齢は24歳で、命日は2003年8月13日でした。

若くして亡くなってしまった佐野真一郎…

佐野真一郎を慕っていたのは佐野万次郎(マイキー)だけではなく、初代黒龍のメンバーや黒川イザナなど多岐にわたります。

しかしやはり一番悲しかったのは、唯一の兄弟である佐野万次郎(マイキー)でしょう…。

東京リベンジャーズの佐野真一郎は「黒い衝動」のストッパー!死亡によりマイキーが闇堕ち!

ここまで佐野真一郎の死亡シーンや死亡理由、死亡に至るまでの経緯などについて解説してきました。

佐野真一郎の死亡は佐野万次郎(マイキー)にとってとても大きな出来事でしたが、物語にとっても大きなカギになっています。

そもそも佐野万次郎(マイキー)が闇落ちする原因が、自分の中に宿る「黒い衝動」でした。

そしてそれを制御していた人物が漫画23巻第200話で明かされています。

その人物こそが…

  • 佐野真一郎
  • 佐野エマ
  • 場地圭介

だったんです!

なんとこの3人は現在全員死亡してしまっています…

もしも佐野真一郎があの日殺されなければ、佐野万次郎(マイキー)は闇落ちしなかったのかもしれませんね。

今後どのように佐野万次郎(マイキー)の闇落ちを止めるかが物語の鍵になってきそうですが、花垣武道はどのようにして止めるのでしょうか?

「東京リベンジャーズの佐野真一郎の死亡シーン!死んだ日はいつ?」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの佐野真一郎が死亡したシーンや、死亡した日についてご紹介しました。

佐野真一郎はなんと24歳という若さで亡くなっていることがわかりましたね。

正直佐野真一郎はかなり作中の中ではかっこいい方だと思うので、死亡せずに活躍していたらもっと人気が出たキャラだったと思います。笑

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました