東京リベンジャーズのバブの詳細!マイキーのバイクの排気音やスペック!

マイキー

この記事では東京リベンジャーズの佐野万次郎(マイキー)の愛機(バイク)・バブの排気音やスペックをご紹介していきます。

佐野万次郎(マイキー)といえば、バブ、と応える人も多いのではないでしょうか?

それほど作中では佐野万次郎(マイキー)がバブを愛している様子が描かれいるんです!

まずはバブについて詳しくみていきましょう!

この記事の概要
  • バブの由来や排気音、値段
  • バブの実写画像や動画
  • 作中で佐野万次郎(マイキー)がバブに乗っているシーン

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズのバブ(CB250T HAWK)とは?

佐野万次郎(マイキー)の愛機(バイク)として登場するバブの正式名称は、ホンダのCB250T HAWKです。

なぜバブと呼ばれているのかというと…排気音が「バブーーッ」ときこえるからです。

佐野万次郎(マイキー)のバブは兄・佐野真一郎から譲り受けたもので、それまではバブ以外の単車に乗るつもりがなく、ずっと原付(ホーク丸)に乗っていました。

佐野万次郎(マイキー)が昔からバブにすごく思い入れがあったことがわかりますね…。

東京リベンジャーズのバブ(CB250T HAWK)のニックネーム由来!

では実際のバブの排気音はどうなっているのでしょうか?

確かに「バブーーッ」と聞こえますね!

しかし想像よりも数倍いかつかったです…。笑

これを乗り回している佐野万次郎(マイキー)の姿は、さぞかしかっこいいことでしょう。

こちらの動画ではバブに乗っている状態での排気音を聞くことができます。

外から聞く音と、乗っている人が聞く音は全然違いますね!

こういった発見があることも、バイクの人気がさめない理由の1つなのでしょう。

東京リベンジャーズのバブ(CB250T HAWK)はホンダ製!

バブの中でも最初に登場したのはホークIIで、当時のホンダ最新技術の結晶でした。

なので当然、当時の暴走族からめちゃくちゃ人気があったそうです!

では改めて実際のバブの画像をご紹介します。

仮面ライダーが乗っていそうな、かっこいいバイクですね!

思ったよりも軽そうなボディで驚きました。

これを作中で忠実に再現できる和久井先生はさすがです…!

東京リベンジャーズのバブ(CB250T HAWK)の値段はいくら?スペックも紹介!

ここではバブの値段やスペックを紹介していきます!

バブは2022年現在、平均130万円ほどで購入できます。

しかし走行距離や年式で値段が変わるため、ものによっては倍近い値段のバブもありました。

こんな高額では大人でもなかなか手が出しにくいですね…

なので暴走族が乗っているバブは自分が購入した物ではなく、ほとんどが譲り受けたものらしいですよ。

ちなみにこちらがバブことCB250T HAWKの基本スペックです。

車種 CB250T HAWK
全長 2135 mm
全幅 840mm
全高 1170 mm
ホイールベース 1395 mm
最低地上高 160 mm
車体重量 180 kg
排気量 249 cc
燃費 40 km/L

東京リベンジャーズのバブ(CB250T HAWK)は佐野真一郎が組んだ特製!

佐野万次郎(マイキー)の愛機(バイク)であるバブは、兄の佐野真一郎(さのしんいちろう)が乗っていたものです。

バブを譲り受ける前、佐野万次郎(マイキー)はずっと原付に乗っており、それをみた羽宮一虎と場地圭介は誕生日にバイクをプレゼントしようとします。

しかし当然買うお金がないため、羽宮一虎はバイクを盗んで手に入れようとしました。

そこで盗みに入ったのが、佐野真一郎が経営するバイク屋でした…。

2人はバブを盗もうとするも佐野真一郎に見つかってしまい、羽宮一虎は思わず佐野真一郎殴り殺してしまったのです…

そして2人が盗もうとしていたバブは佐野真一郎が乗っていたものであり、実は将来的に佐野真一郎はこのバブを佐野万次郎(マイキー)に譲ろうとしていたことが後からわかりました。

東京リベンジャーズのマイキーがバブ(CB250T HAWK)で飛ばすシーン一覧!

ここでは実際に作中で佐野万次郎(マイキー)がバブを飛ばしているシーンをご紹介します!

佐野万次郎(マイキー)=バブというイメージがつくほど、他のバイクに比べてバブの登場回数は多くなっています。

バブが初登場(2巻の第10話)

漫画2巻第10話でバブは初登場しました。

この時は愛美愛主(メビウス)との抗争の前の決起集会で、周りに林田春樹(パーちん)もいますね!

暗闇で光に照らされているバブは余計かっこよくみえます!

佐野万次郎(マイキー)も中学生とは思えないほどバイクが似合っています…笑

愛美愛主との抗争でマイキーがバブに乗って登場(3巻の第21話)

このシーンは劣勢状態であった東京卍會の仲間のもとに佐野万次郎(マイキー)がバブに乗って現れたシーンです。

漫画3巻第21話では龍宮寺堅(ドラケン)が愛美愛主の残党から奇襲をうけ、かけつけた花垣武道、三ツ谷隆も100人という愛美愛主の人数におされていた状態でした。

これはさすがにしんどすぎる…

と思っていたそのとき、「バブー」という音が響き、佐野万次郎(マイキー)が現場に現れました!

バブの排気音が響く=佐野万次郎(マイキー)登場なのでテンションが上がる演出となっています。

病院までマイキーがバブで駆けつける(4巻の第27話)

8.3抗争」で重症を負った龍宮寺堅(ドラケン)は病院に運ばれ緊急手術を受けることになりました。

このシーンは佐野万次郎(マイキー)がバブをとばして病院に急いで向かっているシーンです。

スピード感とバブのボディのかっこよさが強調された、作中でも特にかっこいいシーンですね!

「血のハロウィン」の前日にマイキーがバブで飛ばす(6巻の第49話)

このシーンは「血のハロウィン」の前夜、場地圭介と揉めるのに気が進まない佐野万次郎(マイキー)が思いっきりバブで走りぬけているシーンです。

佐野万次郎(マイキー)は悩んだりすると決まってバブをとばし、風にあたりにいきます。

夜の高速道路をかけぬける様子も、やはりかっこいいですね!

「聖夜決戦」当日にマイキーがバブを飛ばす(11巻の第97話)

このシーンは漫画11巻第97話で佐野万次郎(マイキー)がクリスマス当日にバブで走っているシーンです。

実は同時刻に教会で「聖夜決戦」が行われていました。

佐野万次郎(マイキー)は走行中に三ツ谷隆のインパルスの排気音を聞いており、この後「聖夜決戦」に駆けつけることになります。

柴大寿との決戦でマイキーが登場(12巻の第103~104話)

先ほどお話しした「聖夜決戦」では東京卍會側の花垣武道、松野千冬、柴八戒、三ツ谷隆が全員ボコボコにされており、負け確定かと思われていました。

しかしそこに「バブー」という排気音が響きます。

そして登場したら勝ち確定の佐野万次郎(マイキー)が現れ、その場をおさめました。

バブの排気音と佐野万次郎(マイキー)の存在は、すごく安心感がありますね。

「聖夜決戦」の後にマイキーがバブを飛ばす(13巻の第109話)

このシーンは「聖夜決戦」のあとに花垣武道と佐野万次郎(マイキー)がバブに乗りながら語り合っているシーンです。

だんだんと2人の距離感が縮まってきていることがわかる、ほのぼのとしたいいシーンでしたね。

「三天戦争」でマイキーがバブで登場(25巻の第224話)

六波羅単代、梵(ブラフマン)のメンバーが急遽勢揃いし緊張した空気の中、さらに佐野万次郎(マイキー)の登場をあらわすバブの排気音が鳴り響きました。

しかしこのときだけは「バンブー」という排気音でした…。

闇落ちした佐野万次郎(マイキー)がバブに乗るシーンはこれだけなので、何かを意図して変更されたのでしょうか…?

そして六波羅単代、梵(ブラフマン)、関東卍會がそろったことにより、「三天戦争」が始まってしまいました。

東京リベンジャーズのタケミチの愛機もバブ(CB250T HAWK)!

実は花垣武道の愛機(バイク)の佐野万次郎(マイキー)と同じ、バブ(CB250T HAWK)なんです!

昔、佐野真一郎はフィリピンで壊れたバブのエンジンを2つ拾いました。

1つのエンジンは佐野真一郎が部品をかき集めて佐野万次郎(マイキー)のバブとして蘇らせ、もう1つのエンジンは佐野万次郎(マイキー)と龍宮寺堅(ドラケン)が部品を集めて上記画像のバブとして復活させます。

そう、実質佐野万次郎(マイキー)と花垣武道のバブは双子なんです!

いつか2人がバブを並べて走っている姿がみたいですね…

「東京リベンジャーズのバブの詳細!マイキーのバイクの排気音やスペック!」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの佐野万次郎(マイキー)の愛機(バイク)・バブの排気音やスペックをご紹介しました。

正直バイクには全く詳しくないのですが、佐野万次郎(マイキー)がバブに乗る姿をみてバイクに乗りたくなってしまいました!笑

他のキャラクターのバイクについても詳しくみてみたいですね。

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズのバイク一覧を見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました