東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)の総長&メンバーの一覧表!

東京リベンジャーズ

この記事では東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)の総長やメンバーについて詳しくご紹介していきます。

黒龍は佐野万次郎(マイキー)の兄・佐野真一郎が創ったチームです。

作中では10代目まで引き継がれていることがわかっており、歴史のあるチームとなっています。

まずは黒龍の総長とメンバーをみていきましょう。

この記事の概要
  • 黒龍(ブラックドラゴン)のメンバー一覧
  • 黒龍(ブラックドラゴン)の歴代総長
  • 歴代黒龍(ブラックドラゴン)の特徴

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!

まずは黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーの一覧表をご紹介します。

黒龍を創設したのは当時無名だった佐野真一郎でした。

佐野真一郎は関東地方でぶつかりあっていた今牛若狭(ワカ)荒師慶三(ベンケイ)をまとめあげます。

そしてそこに佐野真一郎の幼なじみである明司武臣を誘い、初代黒龍が誕生しました。

初代黒龍は伝説のチームとして語り継がれており、佐野真一郎のあとをついだ各代の総長も佐野真一郎の意志を継いでいます。

しかし8代目総長の黒川イザナの代から黒龍は変わってしまいました…。

初代黒龍
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!初代総長
佐野真一郎
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!初代副総長
明石武臣
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!初代親衛隊長
荒師慶三
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!初代特攻隊長
今牛若狭
8代目 黒龍
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!8代目総長
黒川イザナ
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!特攻隊長
乾青宗
9代目 黒龍
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!9代目総長
斑目獅音
     
10代目 黒龍
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!10代目総長
柴大寿
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!特攻隊長
乾青宗
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!親衛隊長
九井一
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!隊員
柴八戒
11代目 黒龍
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!11代目総長
花垣武道
東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)のメンバーと総長の一覧!副総長
乾青宗
   

東京リベンジャーズの歴代黒龍(ブラックドラゴン)の総長一覧表!初代から最新まで!

ここでは黒龍の歴代総長を一覧表でご紹介します。

2代目~7代目の総長については本編に登場していませんが、先ほどもお話しした通り、ちゃんと佐野真一郎の意思を継いでいました。

しかし黒龍は黒川イザナが8代目総長を務めたことで、巨悪なチームと化してしまいました…。

歴代総長
チームの特徴
東京リベンジャーズの歴代黒龍(ブラックドラゴン)の総長一覧表!初代から最新まで!初代総長
佐野真一郎
佐野真一郎が率いる初代黒龍は誰もが憧れる伝説的な暴走族チームで、弟の佐野万次郎にチームを受け継がせるつもりだった。
2代目~7代目の総長も佐野真一郎の意思を継いでいた。
東京リベンジャーズの歴代黒龍(ブラックドラゴン)の総長一覧表!初代から最新まで!8代目総長
黒川イザナ
8代目総長を黒川イザナが継いでからは黒龍の様子が一変。
巨悪化し、ゆすりや強盗、薬など何でもアリのチームに変貌した。
東京リベンジャーズの歴代黒龍(ブラックドラゴン)の総長一覧表!初代から最新まで!9代目総長
斑目獅音
9代目総長の斑目獅音の代の黒龍も犯罪組織だった。
しかし当時の羽宮一虎にちょっかいを出したことで東京卍會が創設され、ボコボコにされたことで9代目はつぶれてしまう。
東京リベンジャーズの歴代黒龍(ブラックドラゴン)の総長一覧表!初代から最新まで!10代目総長
柴大寿
10代目の総長の柴大寿は財力や兵力を鍛え、新生黒龍を再建。
しかしまたしても東京卍會に潰される。
東京リベンジャーズの歴代黒龍(ブラックドラゴン)の総長一覧表!初代から最新まで!11代目総長
花垣武道
乾青宗がなんと11代目の総長に花垣武道を指名。
11代目総長・花垣武道、副総長・乾青宗として初代黒龍の再興を目指す。

東京リベンジャーズの歴代黒龍(ブラックドラゴン)の総長について解説!かつては伝説だった!

ここまでは黒龍のメンバーを、一覧表でご紹介してきました。

次は歴代の総長について詳しくご紹介していきます。

初代総長・佐野真一郎(さのしんいちろう)

初代総長は佐野真一郎です。

佐野真一郎の代である初代黒龍は、東京中の不良たちの憧れでした。

なので初代黒龍は今も伝説として語り継がれています。

そんな佐野真一郎ですが実は喧嘩が弱い男でしたが、どんな強い相手でも果敢に立ち向かっていく、アツい男でした。

その姿と今の花垣武道を重ねているキャラも少なくなく、よく花垣武道は「真一郎に似ている」と言われています。

佐野真一郎は多くの不良たちに愛されている存在であり、引退したあとも不良達は佐野真一郎のもとへ足を運んでいました。

その仲の1人が乾青宗(イヌピー)であり、初代黒龍にあこがれて黒龍に入っていることがわかっています。

2代目~7代目

2代目~7代目の総長の描写は本編ではありません。

しかし佐野真一郎の意志を引き継いでいたため、2代目~7代目黒龍も不良たちの憧れの的でした。

8代目総長・黒川イザナ(くろかわいざな)

8代目総長は黒川イザナです。

何と黒龍は黒川イザナが総長に就任したことで全く別のチームへと変貌します。

そして出来上がったのが、ゆすりや強盗、薬まで何でもありの極悪チーム・黒龍でした。

そんな黒川イザナですが、実は佐野真一郎を慕っていた人物の1人でした。

しかし、あることがきっかけで黒川イザナの心は壊れていきます。

それが…

  • 佐野真一郎には実の弟・佐野万次郎がいたこと
  • 黒川イザナは佐野家はおろか、佐野エマとすら血が繋がっていなかったこと

でした。

黒川イザナは次第に佐野万次郎(マイキー)を逆恨みするようになり、黒川イザナにとって黒龍は佐野万次郎を潰すための道具でしかなくなってしまいました。

そして結局黒川イザナは、次の総長に極悪チームのまんまの黒龍を引き継がせたのです。

9代目総長・斑目獅音(まだらめしおん)

9代目総長は班目獅音です。

班目獅音は喧嘩の実力もある程度あるはずなのですが、なぜか本編ではかませ役になっています。笑

9代目の黒龍は、東京卍會をつくるきっかけを与えたチームです。

9代目黒龍は羽宮一虎に手を出しており、そのことをかぎつけた佐野万次郎(マイキー)たちは抵抗するために、東京卍會をつくったのです。

そして勃発した東京卍會 VS 9代目黒龍の抗争の前に、班目獅音がこのようなことを言っていました。

8代目の意思を継ぎぃ佐野万次郎!!そして東京卍會は黒龍が潰す!!

しかし結果は東京卍會の圧勝で、9代目黒龍はこれを機に解散してしまいます。

10代目総長・柴大寿(しばたいじゅ)

9代目総長は柴大寿です。

柴大寿をスカウトしたのは乾青宗(イヌピー)で、当時柴大寿は黒龍に全く関係のない男でした。

そして柴大寿が総長になった後は、よくも悪くもチーム全体が一新されます。

特攻服は豪華なものに、兵力も鍛え上げられたのです。

つまり柴大寿は兵隊達の見た目から改善することで「誰もが憧れるチーム」を作ったのです。

これにより黒龍は以前よりも規模が膨れ上がり、金持ち集団ともパイプを作って「暴力を売る」仕事を請けるなど、黒川イザナの時代とは違った意味で極悪のチームとなりました。

しかし10代目黒龍もそう長くは続かず、またしても佐野万次郎(マイキー)にやられたことにより10代目黒龍は解散します。

11代目総長・花垣武道(はながきたけみち)

10代目の黒龍は完全に消滅したものの、黒龍をどうしても捨てられない男がいました。

その男こそ、乾青宗(イヌピー)です。

乾青宗(イヌピー)は花垣武道に黒龍への思いを打ち明けます。

そしたらなんと花垣武道が黒龍を引き継ぐことになり、結果11代目総長に花垣武道、副総長に乾青宗(イヌピー)と新体制が整ったのです。

ちなみにこの時花垣武道は東京卍會の壱番隊隊長も務めていたため、11代目黒龍総長 兼 東京卍會壱番隊隊長という肩書だけは一流の男に成り上がりました。笑

東京リベンジャーズの9代目黒龍(ブラックドラゴン)が東京卍會(トーマン)創設のきっかけに!

9代目黒龍のところでお話したとおり、東京卍會が創設されたきっかけとなったのは9代目黒龍です。

当時の黒龍が羽宮一虎にはっぱをかけていたため、佐野万次郎(マイキー)がその件を解決するために東京卍會というチームをつくったのです。

ちなみに東京卍會創設メンバーは、こんな感じです。

  • 総長 :佐野万次郎(マイキー)
  • 副総長:龍宮寺堅(ドラケン)
  • 親衛隊:三ツ谷隆
  • 旗持ち:林田春樹(パーちん)
  • 特攻隊:場地圭介&羽宮一虎

はじめのチーム名の案は、なんと「東京万次郎會(とうきょうまんじろうかい)」でした。

しかし全員満場一致で「だせえ!!」と言っていたため、万次郎が卍に変わり「東京卍會」ができたのです。

もし東京万次郎會になっていたらどうなっていたのでしょうか…笑

東京リベンジャーズの初代黒龍(ブラックドラゴン)のワカ(今牛若狭)とベンケイ(荒師慶三)はかつての最強コンビ!

初代黒龍の幹部である今牛若狭(ワカ)と、荒師慶三(ベンケイ)は昔、関東を2つに分け隔て争い続けていました。

  • 荒師慶三:西関東の「螺愚那六(ラグナロク)」総長
  • 今牛若狭:東関東の「煌道連合(こうどうれんごう)」総大将

そんな2人をまとめあげたのが、当時無名だった佐野真一郎だったんです!

結果、関東は統一され2人は初代黒龍に入ることになりました。

同じく初代黒龍のメンバーである明司武臣は2人について、こう話していました。

喧嘩の腕で当時の日本最強は間違いなくあの2人

最終章からの登場ですが、まだまだ活躍が見込まれそうですね!

「東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)の総長&メンバーの一覧表!」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの黒龍(ブラックドラゴン)の総長やメンバーについて詳しくご紹介しました。

個人的には2代目~7代目の黒龍総長がとてもきになります!

一瞬でもいいので、出てきて欲しいですね。笑

黒龍の総長はイケメンぞろいなので、2代目~7代目の黒龍総長もきっとイケメンでしょう。笑

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました