東京リベンジャーズのケッチがかっこいい!羽宮一虎の愛機(バイク)の値段や排気音を紹介!

一虎

この記事では東京リベンジャーズの羽宮一虎の愛機(バイク)のケッチの値段や排気音についてご紹介します!

羽宮一虎は作中の序盤で捕まってしまうため、ケッチの登場シーンはかなり少な目です…。

しかし羽宮一虎がのるケッチは実際でもとてもかっこいいバイクなんです!

まずはケッチについて詳しく見ていきましょう!

この記事の概要
  • 羽宮一虎の愛機・ケッチの実写や排気音
  • ケッチの値段
  • 羽宮一虎が作中でケッチに乗っているシーン一覧

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズのケッチは羽宮一虎(はねみやかずとら)の愛機(バイク)!通称「ロケット」!

羽宮一虎の愛機(バイク)は、カワサキの「KH400」で、愛称が「ケッチ」というので羽宮一虎もケッチと呼んでいます。

ケッチの特徴は雷のような排気音で、作中でも「バリバリバリ」といった音で表現されています。

この派手な特徴を持っているがゆえに族車としても人気があり、「ケッチ」と聞くだけで騒ぎ立てる人もいるんだとか。笑

ちなみに羽宮一虎は「血のハロウィン」から登場しますが、抗争後は逮捕されてしまうのでそれほど登場回数が多くありません。

よってケッチの出番もほぼないんです…。笑

東京リベンジャーズのケッチの排気音を動画で紹介!

ここでは実際のケッチの排気音をご紹介します。

調べてみたところ、この動画で詳しくご紹介されていたので、ご参考までにぜひご覧ください。

動画の中盤まではエンジン始動音やアイドリング、動画の3:40あたりから本格的に走り出し排気音を聞くことができますよ。

東京リベンジャーズのケッチのメーカーや実写画像を紹介!

先ほどは動画でケッチを紹介したのですが、ここでは実写画像をご紹介します。

ちなみに羽宮一虎のケッチには、暴走族っぽくロケットカウルが取り付けてあります。

東京リベンジャーズは2021年に実写映画が公開されたことでも有名です。

もし続編があるのなら羽宮一虎が登場する「血のハロウィン」からなので、ケッチが登場する可能性も十分ありえます!

ぜひ続編もやってほしいですね!

東京リベンジャーズのケッチの値段とスペックを紹介!

ケッチの値段は、走行距離や年式、車検、保険の状態などで大きく変わります。

現在の相場は180万円~380万円くらいと、かなり高めのバイクであることがわかります。

羽宮一虎は一体どうやってこのバイクを手に入れたのでしょうか…。

車種 KAWASAKI KH400
全長 2035 mm
全幅 810 mm
全高 1130 mm
ホイールベース 1365 mm
最低地上高 150 mm
車体重量 178 kg
排気量 400 cc
燃費 39 km/L

東京リベンジャーズのケッチを羽宮一虎(はねみやかずとら)が乗るシーン!

ここからは羽宮一虎が作中でケッチに乗るシーンをご紹介していきます。

先ほどもご紹介した通り羽宮一虎は「血のハロウィン」で逮捕されてしまうため、ケッチが登場するのは回想シーンのみです。

羽宮一虎がケッチで登場(2巻の第10話)

まず1つ目のシーンは、漫画2巻第10話で東京卍會創設メンバーがツーリングをしているシーンです。

ちなみに上の画像の奥が羽宮一虎です。笑

このシーンではケッチの「バリバリバリ」という排気音が忠実に再現されていますね。

「俺のケッチは宇宙一だコラ」(8巻の第63話)

2つ目のシーンは、漫画8巻第63話で東京卍會創設メンバーが武蔵神社に向かうシーンです。

ここでは場地圭介が「オレのゴキが東京一だ」と言い出したことから言い合いが始まり、その中で羽宮一虎は「オレのケッチは宇宙一だコラ」と言っていました。笑

このやりとりから、まだみんなが子供だということがわかりますね。

「東京リベンジャーズのケッチがかっこいい!羽宮一虎の愛機(バイク)の値段や排気音を紹介!」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの羽宮一虎の愛機(バイク)のケッチの値段や排気音についてご紹介しました。

羽宮一虎がケッチに乗るシーンが少なかったことが残念でしたが、最終章でももし出番があればぜひケッチに乗って登場してほしいですね!

(最終章では一応服役中です)

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズのバイク一覧を見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました