東京リベンジャーズのモッチーこと望月莞爾の強さを解説!身長も体重もヤバい!?

望月莞爾

この記事では東京リベンジャーズの望月莞爾(モッチー)の強さや身長、体重についてご紹介していきます。

望月莞爾(モッチー)は自分のチームを持っていたり、元天竺四天王であったりと、作中でもトップクラスの実力者です。

まずはその強さについて詳しくみていきましょう。

この記事の概要
  • 望月莞爾(もちづきかんじ)の強さと経歴
  • 望月莞爾(もちづきかんじ)の作中の戦績

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズのモッチーこと望月莞爾(もちづきかんじ)の強さを解説!少年院にいた理由や身長&年齢も!

まずは望月莞爾(モッチー)の経歴をご紹介します。

望月莞爾(モッチー)は「関東事変」から登場する新しめのキャラですが、その強さはトップクラスです。

モッチーはS62世代!年齢は何歳?

望月莞爾(モッチー)は極悪の世代と言われるS62世代の1人です。

ちなみにS62世代の主なメンバーはこちらです。

  • 黒川イザナ(くろかわいざな)
  • 望月莞爾(もちづきかんじ)
  • 武藤泰宏(むとうやすひろ)
  • 灰谷蘭(はいたにらん)
  • 灰谷竜胆(はいたにりんどう)
  • 斑目獅音(まだらめしおん)

見ただけで顔が思い浮かぶほどの実力者が勢ぞろいしていることがわかりますね。

望月莞爾(モッチー)の年齢は、「関東事変」時点で18歳だということがわかっています。

望月莞爾(モッチー)の戦い方はシンプルに肉弾戦。

灰谷兄弟のように警棒を使ったり、奇襲するなど卑怯な戦法は嫌いなようです。

モッチーは警察官をボコして少年院に収監される

望月莞爾(モッチー)が13歳の頃、警察官をボコボコにしたことで少年院に収監されてしまいます。

13歳で警察官をボコボコにできるほどの力があったということですね。笑

今も体格がいいですが、そのときから体格がよかったことが想像できます…。

モッチーは「呪華武(ジュゲム)」の元総長!

望月莞爾(モッチー)が天竺に入る前は、「呪華武(ジュゲム)」の総長を務めていました。

実はこのチームと河田兄弟がやりあったことがあり、結果河田兄弟がボコボコにされてしまっています。

胸ポケットに書いてある「一人一殺」という文字から想像できるとおり、極悪な暴走族チームでした。

モッチーは天竺の四天王(2005年)!

関東事変」では望月莞爾は天竺の四天王を務めています。

その中でも望月隊という独自の部隊を率いており、東京卍會のメンバーを奇襲していました。

背後の部下たちもすごく悪そうな顔をしていますね…。

正直望月莞爾(モッチー)だけでも1つのチームをつくることができるのに、同等の実力者が集まった天竺は最強としかいえません。笑

モッチーの筋肉とパワーがヤバい

望月莞爾(モッチー)の強さは、やはり圧倒的なパワーにあると思われます。

上の画像でもわかるとおり、望月莞爾(モッチー)は体格がいい上にパワーのかなりもっています。

華奢なメンバーが多い東京卍會は圧倒的に不利な感じがしますね…。

体格で張り合えるのは龍宮寺堅(ドラケン)くらいなのですが、佐野エマの死亡により喧嘩どころではない状態になってしまっています…。

モッチーの身長/体重がヤバい!

望月莞爾(モッチー)の正確な身長や体重の情報はないのですが、こちらの画像から身長は約190㎝はあると考えられます。

1人だけ体格も身長もずば抜けていますよね。笑

また体重と身長は比例するので、約90㎏はありそうです…

こんな相手のパンチをくらったら、一発で失神してしまいそうですね。笑

東京リベンジャーズのモッチーこと望月莞爾(もちづきかんじ)の強さを戦績から解説!

ここからは作中での望月莞爾(モッチー)の戦績とともに強さをご紹介していきます。

望月莞爾(モッチー)の戦闘シーンはかなり派手で、見ごたえがありますよ!

かつてモッチーがスマイリーとアングリーを2タテ!

望月莞爾(モッチー)が「呪華武(ジュゲム)」の総長だった時、河田兄弟とタイマンをし勝利しています。

勝ち方も一発KO勝ちなので、河田兄弟に一瞬の隙も与えなかったことがわかります。

河田兄弟も決して弱くないキャラなので、望月莞爾(モッチー)の実力がどれだけすごいかわかりますね。

モッチーが松野千冬をKO(不意打ち)

天竺のモブに「溝中五人衆」が奇襲されたところを松野千冬が割って入ります。

しかしそこに望月莞爾(モッチー)が現れ、松野千冬は一発KOされてしまいました。

一発KOすることは容易なことではないので、このシーンからも望月莞爾(モッチー)の強さがわかりますね。

モッチーと三ツ谷隆がほぼ互角

さらにそのあと、三ツ谷隆と望月莞爾(モッチー)がタイマンを張ることになります。

なんと三ツ谷隆は東京卍會弐番隊隊長というだけあり、年齢も体格も上である望月莞爾(モッチー)相手に互角に勝負していました。

ちなみにこの戦いは、途中で灰谷蘭が乱入し三ツ谷隆が倒されたという結果に終わりました。

モッチーと松野千冬の名勝負

関東事変」では望月莞爾(モッチー)VS松野千冬の戦いが繰り広げられました。

先ほどとは違い正々堂々とした勝負でしたが、今回も望月莞爾(モッチー)が優勢にすすめていきます。

しかし途中で灰谷兄弟が河田ソウヤ(アングリー)にやられたことを知ると、そっちに行ってしまったので決着はつきませんでした。

この戦いの続きは最終章で見ることができそうですね!

モッチーがアングリー(覚醒)にボコされる

望月莞爾(モッチー)は河田ソウヤ(アングリー)に突っかかりますが、なんと一発KO負けという悲惨な負け方をしてしまいました。

以前河田兄弟とやりあったときには勝っていたので、なめてかかったことが敗因でしょう。

先述のとおり望月莞爾(モッチー)の体格は作中でも随一ですが、この体を一発で地面に叩きつけた河田ソウヤ(アングリー)のパンチ力が異常すぎますね!笑

ちなみにこの時の河田ソウヤ(アングリー)は右腕と左足が折れていたので、もし望月莞爾(モッチー)がなめてかからなかったら、もう少しいい勝負ができたかもしれません。

「東京リベンジャーズのモッチーこと望月莞爾の強さを解説!身長も体重もヤバい!?」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの望月莞爾(モッチー)の強さや身長、体重についてご紹介しました。

望月莞爾(モッチー)の強さは桁違いなので、最終章で東京卍會側がどう挑むのかたのしみですね!

個人的には松野千冬にリベンジしてほしいと思っています!

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました