東京リベンジャーズの黒い衝動を解説!マイキーが闇落ちする元凶!

マイキー

この記事では東京リベンジャーズの佐野万次郎(マイキー)が闇落ちする元凶であり、最終章のカギである「黒い衝動」について解説していきます。

逆に言えば、「黒い衝動」を攻略できれば、佐野万次郎(マイキー)の闇落ちを防ぐことが出来るんです!

まずは「黒い衝動」について詳しくみていきましょう!

この記事の概要
  • 黒い衝動の正体
  • 黒い衝動と闇落ちの関係
  • 作中で黒い衝動が発動したシーン

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズの黒い衝動とは?マイキーが闇落ちする元凶の正体!

花垣武道たちは将来の自分にあててタイムカプセルを埋めます。

そして12年後にそれを堀りに行くのですが、なぜかそこに佐野万次郎(マイキー)の姿はありませんでした。

中を開けてみると、花垣武道の物の中に佐野万次郎(マイキー)からのビデオレターが入っていることに気づきます。

なんとビデオレターの内容は「黒い衝動」についてでした。

佐野万次郎(マイキー)いわく、

  • 黒い衝動」とはマイキーの中にある「もう一人の人格」のような存在
  • 自分で制御できない

とのこと…。

つまり「殺人衝動」や「破壊衝動」に近いもので、「黒い衝動」を発動した佐野万次郎(マイキー)の顔つきは殺人鬼のように巨悪な顔をしています。

ちなみに「黒い衝動」を発動するようになったきっかけは不明です。

東京リベンジャーズのマイキーが闇落ちするのは黒い衝動が原因!

作中の主な軸は、橘日向(ヒナ)が死なない世界を実現することです。

そのために花垣武道はタイムリープを何度も繰り返します。

結果橘日向(ヒナ)は助かるのですが、なぜか毎回佐野万次郎(マイキー)は闇落ちしてしまっているんです…。

闇落ちの原因こそが「黒い衝動」で、制御できず我を失った佐野万次郎(マイキー)は、多くの人を殺してしまっています。

黒い衝動」について、実は制御していた人物がいたことが判明します。

その人物が、

  • 佐野真一郎(さのしんいちろう)
  • 佐野エマ(さのえま)
  • 場地圭介(ばじけいすけ)

でした。

なんと全員死亡が確定してしまっているんです…。

そのせいで佐野万次郎(マイキー)は毎回闇落ちしてしまっているんですね。

東京リベンジャーズのマイキーは闇落ちしすぎ?作中で黒い衝動が出たシーンは何巻の何話?

ここでは作中で佐野万次郎(マイキー)が「黒い衝動」が発動したシーンを見ていきましょう。

主に「黒い衝動」が発動するのは未来(現在)ですが、中には過去でも発動しているシーンがあります…。

「83抗争」の後

まず1つ目のシーンが漫画4巻の第29話で佐野万次郎(マイキー)が「オマエは一体何者だ?」と問いかけるシーンです。

正直このシーンは「黒い衝動」を発動しているか不明ですが、発動しているときと似た目や顔つきをしています。

ちなみにこのシーンの直後に佐野万次郎(マイキー)は笑顔になるので安心しました。笑

「血のハロウィン」で黒い衝動が発動&一虎を撲殺

2つ目のシーンは、漫画6巻の第48話で過去を変える前の「血のハロウィン」の回想シーンです。

過去を変える前で佐野万次郎(マイキー)は羽宮一虎を撲殺しています。

このときの佐野万次郎(マイキー)は「黒い衝動」に全面的に侵されています…。

黒目が小さくなり、冷酷な顔をしていますね…。

結果佐野万次郎(マイキー)は必要以上に羽宮一虎を殴り続けたため、羽宮一虎は死亡していまいました。

「血のハロウィン」後の未来で黒い衝動が発動&東京卍會メンバーを皆殺し

3つ目のシーンは、「血のハロウィン」の後の未来(現在)です。

血のハロウィン」の後の未来(現在)で花垣武道は東京卍會の最高幹部になっています。

しかし漫画9巻の第74話ではこの世界の羽宮一虎いわく、佐野万次郎(マイキー)はかつての仲間をどんどん殺すように指示していました。

このときの佐野万次郎(マイキー)の様子は描かれていませんが、行動からして「黒い衝動」を発動していたに違いありません。

「聖夜決戦」後の未来で黒い衝動が発動&東京卍會メンバーを皆殺し

4つ目のシーンは、「聖夜決戦」を終えた後の未来(現在)です。

この世界の佐野万次郎(マイキー)は、センター分けで黒髪になっており、首には龍宮寺堅(ドラケン)と同じタトゥーを入れています。

一見普段通りに見えましたが、この世界でも「黒い衝動」を発動しており花垣武道以外の東京卍會メンバーを全員殺していました

その内容がこちらです。

  • 龍宮寺堅(ドラケン):斬殺
  • 三ツ谷隆:絞殺
  • 松野千冬:射殺
  • 柴八戒 :焼殺
  • 林田春樹(パーちん):殺害
  • 羽宮一虎:殺害

この内容は花垣武道が闇落ちした佐野万次郎(マイキー)から直接聞いたもので、佐野万次郎(マイキー)は花垣武道に「オレを殺せ」と頼みます。

結果、駆け付けた橘直人が佐野万次郎(マイキー)を射殺するのですが、死に際に佐野万次郎(マイキー)はこう言っていました。

オレの人生は苦しみだけだった

この発言から佐野万次郎(マイキー)も「黒い衝動」と戦っていたことがわかりますね。

「関東事変」の後の未来で黒い衝動が発動&梵天の首領になる

5つ目のシーンは、「関東事変」後の未来(現在)です、

この世界には巨大犯罪組織である梵天が存在しており、その首領が「黒い衝動」に侵された佐野万次郎(マイキー)でした。

このときの佐野万次郎(マイキー)は白髪のセンター分けで、痩せておりクマがあります。

また首の後ろに黒川イザナの耳飾りと同じ模様のタトゥーがあります。

見るからに闇落ちしていますよね…。

そしてこの世界の佐野万次郎(マイキー)は花垣武道に3発の銃弾を撃ち込み、自分もビルから飛び降りようとします。

しかし間一髪のところで花垣武道が助けに入り、そこで佐野万次郎(マイキー)は泣きながら花垣武道にこう言いました。

助けてくれ…たけみっち

この瞬間タイムリープが発動し、最終章が開幕します。

最終章でも「黒い衝動」が発動している

6つ目のシーンは最終章の佐野万次郎(マイキー)です。

舞台は「関東事変」から2年経った2008年になっており、佐野万次郎(マイキー)は関東卍會の総長になっています。

この世界の佐野万次郎(マイキー)「三天戦争」で寺野南(サウス)を撲殺し、花垣武道を瀕死の状態にまでしています。

花垣武道は「佐野万次郎をぶっとばす」と意気込み最終決戦が始まりますが、果たして「黒い衝動」から佐野万次郎(マイキー)を開放することはできるのでしょうか?

東京リベンジャーズの寺野サウスも「黒い衝動」が発動?マイキーとは違う衝動?

第228話の「三天戦争」の最中、寺野南(サウス)がこんなことを言っていました。

齢十二の時、父と呼べる男を、愛を握って殴り殺した。十四の時、報復で母は殺され、オレもこのキズで生死を彷徨った。なのに「衝動」は収まらない

そして次の瞬間、今牛若狭(ワカ)と荒師慶三(ベンケイ)を圧倒しています。

衝動を発動したら戦力があがるのは佐野万次郎(マイキー)も同じであるため、寺野南(サウス)の衝動も「黒い衝動」と同じようなものだと予想できますね。

東京リベンジャーズの黒い衝動を抑える手段はある?マイキーが闇落ちしない未来!

最終章のミッションは、佐野万次郎(マイキー)の闇落ちを防ぐことです。

よってその原因である「黒い衝動」を取り除かなければいけないのですが…花垣武道はどうやって取り除くのでしょうか?

佐野真一郎や佐野エマを復活させることができればいいのですが…可能性的にはかなり低いです。笑

最終章の結末が楽しみですね!

「東京リベンジャーズの黒い衝動を解説!マイキーが闇落ちする元凶!」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの佐野万次郎(マイキー)が闇落ちする元凶であり、最終章のカギである「黒い衝動」について解説しました。

「黒い衝動」はかなり厄介なものだということがわかりましたね。

果たして佐野万次郎(マイキー)が闇落ちしない未来(現在)を実現できるのでしょうか?

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました