東京リベンジャーズの「聖夜決戦」の読み方!名前の理由とは?

東京リベンジャーズ

この記事では東京リベンジャーズの「聖夜決戦」の読み方や、名前の由来についてご紹介していきます。

なんと「聖夜決戦」編のアニメ化が決定しました!!

聖夜決戦」では後々重要人物になる乾青宗(イヌピー)や九井一(ココ)が登場します。

では早速「聖夜決戦」の読み方や由来をみていきましょう!

この記事の概要
  • 「聖夜決戦」の読み方
  • 「聖夜決戦」のネーミングの由来

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズの「聖夜決戦」の読み方!

結論から言うと、「聖夜決戦」と書いてくりすますけっせんと呼びます。

漢字のまま読んだらせいやけっせんですが、東京リベンジャーズでは違うらしいです。

ちなみに私はくりすますけっせんと呼ぶのが面倒なので、あえてせいやけっせんと呼んでいます。笑

東京リベンジャーズの「聖夜決戦」という名前の理由とは?

東京リベンジャーズの「聖夜決戦」という名前の理由とは?(C)和久井健/講談社

名前の由来は、12月25日のクリスマスに行われた抗争だから。

ちなみに本編の抗争の名前は、抗争の日がなにかしらのイベント日であるので、その名前が付けられています。(なかには日付のものもあります)

12月25日に抗争が行われたのは偶然ではなく、この章のラスボスである柴大寿が毎年クリスマスになったら1人で教会を訪れるという情報を聞き、花垣武道がこの日を狙ったためです。

ちなみにこの章では「クリスマス」という大イベントであるため、本編であまりみられない恋愛描写が多く存在しています。

「東京リベンジャーズの「聖夜決戦」の読み方!名前の理由とは?」まとめ

この記事では東京リベンジャーズの「聖夜決戦」の読み方や、名前の由来についてご紹介しました。

なんと「聖夜」を漢字読みではなく、クリスマスと読むことには驚きました。笑

テレビアニメでの「聖夜決戦」も楽しみですね!

関連記事はこちらからどうぞ。

→東京リベンジャーズの聖夜決戦編のネタバレ解説を見る

→東京リベンジャーズの聖夜決戦編の登場人物&キャラ一覧を見る

→東京リベンジャーズの聖夜決戦編の次のエピソードを見る

→東京リベンジャーズの聖夜決戦編は漫画版の何巻の何話?

→東京リベンジャーズの聖夜決戦編に灰谷兄弟が登場?

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました