東京リベンジャーズのマイキーの未来一覧!闇堕ちや死亡の連続!

この記事では東京リベンジャーズのマイキーこと佐野万次郎(さのまんじろう)の未来についてまとめてご紹介します☆

マイキーは東京リベンジャーズのキーパーソンで、作中ではタケミチが過去を変え、未来のマイキーを救おうと奮闘するのです。

しかしマイキーの未来はいつも闇堕ちや死亡ばかりで、それを変えようとタケミチがタイムリープして過去と未来を奔走しています。

まずはタケミチのタイムリープの結果から見ていきましょう。

この記事で分かること
  • タケミチのタイムリープの結果一覧
  • マイキーの未来の結果一覧

※【注】東京リベンジャーズのネタバレを含んでいます
目次の後から記事の本文が始まります。

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

東京リベンジャーズのマイキーの未来について!タケミチのタイムリープの結果は?

東京リベンジャーズの主人公・タケミチは未来(=現代)を変えるため、何度も過去にタイムリープします。

タケミチがタイムリープ出来るのは12年前ですが、何度も12年前にタイムリープした結果、未来(=現代)はどう変わったのでしょうか?

それぞれのタイムリープの日付や事件、その結果を一覧表まとめました。

タイムリープ 12年前の出来事
未来の日付 タイムリープの結果
1回目 2017年7月4日~
7月6日
・ヒナが死亡
・ナオトが生存&刑事に

・マイキーは闇堕ち
2回目 2017年7月19日 ・ヒナが死亡
・千堂敦が自殺

・マイキーは闇堕ち
3回目 83抗争 2017年7月 ・マイキーは闇堕ち
4回目 2017年8月10日~
10月20日
・ヒナ死亡
・マイキーは闇堕ち
5回目 血のハロウィン 2017年10月29日 ・マイキーは闇堕ち
6回目 2017年11月18日~
11月19日
・タケミチが東卍の幹部に
・マイキーは闇堕ち。
7回目 聖夜決戦 2018年1月10日~
1月20日
・マイキーが東卍幹部を皆殺し
・マイキー死亡
8回目 関東事変 2018年1月 ・ナオトが死亡
・マイキーは死亡
9回目 2018年3月17日~ ・東卍幹部が生存
・ヒナが生存

マイキーは梵天で闇堕ち
10回目 最終章 未定 未定

タケミチのタイムリープによって救われた人がいる一方で、マイキーの未来は必ずといっていいほどバッドエンド(闇堕ち)になってしまっていますね・・。

東京リベンジャーズのマイキーの未来&各タイムリープ後の展開を解説

タケミチのタイムリープ後に未来(=現代)はどうなったのか解説したいと思います。

タイムリープをするごとにタケミチはボロボロになりながら過去を変えていきます。その結果未来(=現代)も変わり、タケミチをめぐる人間関係も変化し、危険な目にもあってしまいます。

タイムリープを経るにつれ、東京卍會のメンバー、そしてマイキーはどうなってしまうのでしょうか。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:1回目のタイムリープの後

2017年7月4日~6日 結果:ナオトが生きていて刑事になっている

第1話、駅のホームに転落し、12年前にタイムリープしてしまったタケミチ。未来(=現代)の7月1日に元彼女だったヒナとその弟ナオトが、東京卍會の抗争に巻き込まれ死亡してしまったことをナオトに直接告げます。

ナオトはこの事を覚えており、刑事になり生き残ります。タケミチのタイムリープのおかげで生き残ったナオトにタケミチは助けられ、未来(=現代)に戻った時に、タケミチは電車にひかれずにすみます。

残念ながらヒナを助けることはできませんでしたが、以後2人はヒナを救うために協力関係を結びます。

マイキーはこの時点では登場しませんでしたが、東京卍會のトップにいると思われ、闇堕ちしていることが想像されます。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:2回目のタイムリープの後

2017年7月19日 結果:千堂敦が飛び降り自殺

ヒナが死亡するきっかけとなった東京卍會の暴走を止めるため、2回目のタイムリープでタケミチは東京卍會のトップである佐野万次郎(マイキー)と稀咲鉄太への接触を図ります。

過去でタケミチは東京卍會の一員であるキヨマサにボコボコにされてしまうのですが、それでも諦めず戦ったおかげで佐野万次郎と出会うことが出来、マイキーが悪人ではなかったことを確信します。

 

しかし間違えて未来(=現代)に戻ってきてしまったタケミチ。そこでは、同じ中学で友人だった千堂敦(アッくん)が東京卍會の幹部になっており、稀咲の命令でタケミチを線路に突き落としたことを自白し、飛び降り自殺してしまいます。

未来(=現代)のマイキーは登場はしませんが、東京卍會のトップのままで闇堕ちしていると思われます。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:3回目のタイムリープの後

2017年7月 変化なし

アッくんが飛び降りる前に言っていた言葉をヒントに、タケミチは、12年前の東京卍會の副総長でマイキーの理解者であったドラケンが死亡した2005年8月3日の抗争を止めることを考えました。

ドラケンは内部抗争で死亡したと思われましたが、愛美愛主(メビウス)というチームとの抗争があったことを突き止めたタケミチとナオトは、当時の愛美愛主(メビウス)総長・長内に話を聞きます。

長内によると愛美愛主(メビウス)との抗争後に東卍内で争いが起こり、8月3日の抗争でドラケンが死亡したが裏で糸を引いている人物がいた事をつきとめました。

このタイムリープは長内から情報を聞き出すためだったので未来の状況に変化はありません。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:4回目のタイムリープの後

2017年8月10日~10月10日 ヒナがアッくんに殺害される

8月3日の抗争を止め、ドラケンを救うことを目指し12年前に戻ったタケミチ。

愛美愛主(メビウス)との全面抗争前にマイキーは長内に勝ちますが、3番隊隊長のパーちんは長内を許せず刺してしまい、自首して逮捕

そのことで一時マイキーとドラケンは険悪になり内部抗争になりかけるも、和解します。

 

しかし8月3日、愛美愛主(メビウス)の残党と東卍との抗争が勃発します。大人数の抗争の中、ドラケンに恨みを持つ東卍の下っ端のキヨマサたちによりドラケンは刺されてしまいますが、タケミチたちの活躍により一命をとりとめます。

未来(=現代)に戻ったタケミチは生きているヒナに再会。しかしタケミチがヒナを残し車を離れた瞬間に、車は炎上しヒナは死亡。千堂敦(アッくん)が稀咲の命令により車ごと突っ込んだのです。

ここでも未来(=現代)のマイキーは出てきませんが、闇堕ちしていると思われます。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:5回目のタイムリープの後

2017年10月29日 変化なし

タケミチはナオトの伝手で死刑囚になっていたドラケンに会い、稀咲鉄太が未来(=現代)の東卍を支配していることを突き止めます。

稀咲を東卍から排除すればマイキーの闇堕ちも防げると思っていたタケミチですが、過去に戻ると稀咲はパーちんのあとの参番隊隊長に任命されており、東卍に入り込んでいました。

そして10月31日に起こった芭流覇羅との抗争で一虎が一番隊隊長の場地を殺害、それにキレたマイキーが一虎を殴り殺してしまったことが分かります。

このタイムリープでも未来は変わっていません。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:6回目のタイムリープの後

2017年11月18日~19日 タケミチが東卍幹部になっている

場地の死を防ぐために過去に戻ったタケミチ。場地は芭流覇羅へ行ってしまい、過去にあった一虎、場地のマイキーの兄の死を巡る事件や東卍創設メンバーの絆などを知るにつれ、問題は複雑で場地を連れ戻すことは困難になっていきます。

また、場地も同じく稀咲を排除しようと動いていることにも気付きます。

場地の腹心の壱番隊副隊長の千冬と協力し、芭流覇羅との抗争にのぞむタケミチですが、マイキーが一虎を撲殺するのは止めることができましたが場地は自害してしまいます。

 

未来(=現代)に戻ると、タケミチは東京卍會の最高幹部になっていました。しかし稀咲の罠にかけられ、千冬は死亡、タケミチは間一髪のところで一虎に助けられます。

マイキーの闇堕ちも変わっていませんでした。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:7回目のタイムリープの後

2018年1月10日~20日 マイキーが東卍幹部全員を殺害

最悪だった未来を変えるため過去に戻り弐番隊副隊長の柴八戒と仲良くなったタケミチですが、八戒の兄の柴大寿は黒龍(ブラックドラゴン)というチームの総長で八戒の姉で大寿の妹の柚葉に暴力をふるっていたことが発覚。

また八戒を東卍から抜けさせようと画策していました。それを止めるために、千冬と一緒に大寿と戦うタケミチ。マイキーや三ツ谷の活躍もあり、黒龍を倒します。

そしてこの件でも裏で暗躍していた稀咲はマイキーに除籍を言い渡されます。これで一件落着かに思えました。

 

しかし未来(=現代)に戻ると、ヒナをはじめ三ツ谷や千冬など東卍メンバーも死亡しており、犯人はマイキーだという。

マイキーに会いにフィリピンに行くタケミチですが、マイキーはタケミチに殺してくれと言い、もみ合っているうちにマイキーはナオトにより射殺されてしまいます。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:8回目のタイムリープの後

2018年1月 ナオトが稀咲に射殺される

東京卍會を追われた稀咲は「天竺」というチームにいました。

情報収集するために未来(=現在)に戻ったタケミチは柴大寿に会い、情報を聞くことができました。

しかし追手がきており、稀咲に襲撃されてしまったタケミチとナオト。致命傷を負い、死亡する寸前でタイムリープに成功します。

しかしタイムリープに必要なナオトは未来で死亡しているため、過去で未来を変えないともう戻ることができない状況に。

マイキーの状況は変わらず、フィリピンにて死亡しています。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:9回目のタイムリープの後

2018年3月17日~ 東卍幹部とヒナとナオト、全員生存。マイキーが「梵天」トップに

天竺との抗争がはじまる直前、稀咲はマイキーの妹エマを殺害しマイキーは戦闘不能に。それでも抗争は始まってしまい、奮闘するタケミチ。

他の東京卍會メンバーと共にボコボコにされはしましたが、そこにマイキーが到着して、形勢逆転します。

焦った稀咲は銃を持ち出し、黒川イザナは死亡してしまいます。稀咲は逃亡しますが追いついたタケミチから逃げる途中でトラックによりはねられ死亡します。

 

そして関東事変の後、マイキーは東京卍會を解散します。

こうして未来(=現代)に戻ったタケミチはヒナと結婚寸前で、ドラケンや千冬ら東卍メンバーも生存しており幸せな未来でしたが、実はマイキーは梵天(ぼんてん)という犯罪組織のトップにいて闇堕ちしていたままだったことがわかります。

佐野万次郎(マイキー)の未来の様子:最終章

最終章後のため未定

ナオトが過去を変えたいと考えていないため、もう過去にタイムリープできなくなったタケミチ。

しかし闇堕ちしたマイキーのことが心配で、梵天のことを探るために会いに行ってしまいます。

 

黒い衝動を抑えられないマイキーに撃たれて殺されかけますが、マイキー自身の自殺を止めようとしたことがきっかけとなり、今度は10年前にタイムリープしてしまいました。

今度こそマイキーの闇堕ちを止め、マイキーを助けるために、10年前の過去でタケミチは戦っていくことになります。

「東京リベンジャーズのマイキーの未来一覧!闇堕ちや死亡の連続!」まとめ

今回は東京リベンジャーズのマイキーのタイムリープ後の未来の状況をまとめてきました。

タケミチが奮戦し過去を変えてきたことで、死亡していたメンバーやヒナが生き残る未来へと変わっていっています。

9回目のタイムリープ後は幸せな世界になっているかと思えばマイキー一人だけ闇堕ちを抑えられなかったりと、なかなか全員ハッピーエンドにはなりませんね。

いつかタケミチの活躍によって全員が幸せな世界を迎える結末がきてほしいですね。

→東京リベンジャーズのマイキーのかっこいい&イケメンなシーンを見る

→東京リベンジャーズのマイキーの強さや蹴りのシーンを見る

→東京リベンジャーズのマイキーの死亡シーンやタイムリープの結末を見る

→東京リベンジャーズのマイキーのかわいいシーンや「しじゅうはって」発言について見る

→東京リベンジャーズの関連記事を見る

コメント

タイトルとURLをコピーしました